テーマ:登山

二ツ岳 2017.4.23

二ツ岳へやって来た。 山名は「ふたつだけ」だが、目的はひとつだけ。 ヒカゲツツジ鑑賞である。 なので、ヒカゲツツジ以外のコメントはサラッと行く。 9:06、萱野橋出発。 まずはヒカゲの森。 (注:ヒカゲツツジはありません) 次は新緑のヒナタ。 春…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

遠見山 2017.4.2

宮崎県門川町の遠見山にやってきた まちぶぎょう。 頂上直下まで道路が通じているので、車で入れ 墨。 まず、展望駐車場のあずまやから海を眺めた。 満開のヤマザクラがちらほら見えている。(矢印) ん~、これぞ遠(見)山桜! 16:27、登り口を出発。 山に登る時間としては、ちょっと不適切か…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

冠岳 2017.4.2

ごるぁぁぁぁ! 寝太郎は怒っているぞ! 怒涛の日向灘 普段は温厚な寝太郎(やぎ座 ♑)。 しかし今日は怒り心頭で、角が生えているのである。 日向市美々津のドライブインのヤギ おかんむりなのである。 今日は冠岳へやってきたからである。 王冠状の冠岳(宮崎県…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鶴御崎 2017.3.26

九州最東端、鶴御崎へやって来た。 釣りに来たのだが、ツンツルテンの丸坊主… そこで釣り場のそばにあった、自然歩道を歩くことにしたのだ。 10:30、ひょっとん峠出発。 国土の3分の2が山である日本国。 我が国には山ほど峠があるのだ。 その中でも五指に入るアホアホネームな峠ではなかろうか…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

天念寺耶馬 2017.3.20

信ちゃん俊ちゃんさんのブログで驚愕の山を知った。 天念寺耶馬である。 正確に言うと、驚愕の山ではない。 驚愕の橋である。 「天空の橋」の異名を持つ無明橋である。 ちなみにこれ(↑)は、無明橋ではない。 麓の川中不動への石橋である。 これも無明橋ではない。 登山口への橋である…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

山犬切 2017.3.12

山犬切にやって来た。 山の犬を切りに来たのではない。 山犬切(やまいんぎり)という山に来たのである。 珍名奇名だが、九州百名山の一座なので知名度がある山である。 しかし、乱視&老眼、そして山の思い出を大切にしている寝太郎。 初めてこの山名を見た時、こんな読み間違えをした。 「山、大切?」 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

宝満山 2017.2.28

「宝満山に登るばい!」 寝太郎は生まれも育ちも関西。 ばってん今日はインチキ九州弁で語るばい。 梅の季節やけん「ばい!」で行くっちゃねー! 梅と宝満山 10:04、竈神社出発ばい! なんでん感電、「ばい」で行くばい! 九州弁力の鉄塔を通過 「ばい」プッシュで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

観音滝 2017.1.28

このところ非常に寒い日が続いている。 気候と同様にフトコロも極寒な寝太郎。 最も安価な防寒具で対処している。 ユニクロタイツの2枚穿きである。 う~ん、チープ! しかし山での鍛錬のタマモノであろう。 それで寒さは凌げるのである。 でも、厄介なことが2つある。 一つはお手洗いでのタマ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

福智山 2017.1.9

元旦にプチ登山をした。 京都五山の送り火の一つ、鳥居形に登ったのだ。 酉年の正月に相応しく縁起を担いだ訳だ。 しかし、これが失敗であった。 頭上にカラスが舞いカァカァ鳴かれるという、不吉な出来事に見舞われたのだ。 「カァ(ゎぃぃ) カァ(ゎぃぃ)」と鳴いていた可能性もゼロではない。 し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

忠隈山 2017.1.8

1月7日、脊振山に登った。 そこでブロ友の風来坊さんに偶然出会った。 厚顔無恥な寝太郎は、一宿一飯一献(三献?)をお願いし、その恩義を賜った。 そして酔眠… イメージ図。 翌1月8日。 風来坊さんから遅れること、なんと3時間後に起床… 厚顔ムチムチダイナマイト炸裂である。 どの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

脊振山 2017.1.7

成人の日の連休、脊振山にやって来た。 背(せい)振(じん)と読め、成人の日を祝うに相応しい山なのだ。 というのは、ウソである。 食っちゃ寝×2の正月を過ごした寝太郎。 シックスパックのお腹が真空パック鏡餅と化している。 このままでは成人病になりかねない。 脊振の長い縦走路をがっつり歩き、ポッコリお…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

小倉山 2017.1.1

新春の京都へやって来た。 初登りである。 登るのは酉年にちなみ鳥居形。 五山の送り火の一つで、神社マークのアレである。 初登りになんと相応しい山であろうか。 嵐山渡月橋からスタート。 酉年なのでバードウォッチングを楽しみながら進もう。 まず、見かけたのはサギ。 おお、華麗な…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

高崎山 2016.12.31

今日は大晦日。 寝太郎には今年まだやり残したことがある。 高崎山登山である。 大分市民の寝太郎。 申年である平成28年に、高崎山に詣でない訳にはいかない。 行かないなんてことは、大分が誇るおさるの総本山に対する侮辱に他ならないのである。 8:49、高崎山南登山口出発。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

尺間山 2016.11.20

昨年、大分市の霊山で、寝太郎はある誓いを立てた。 脱クリぼっちである。 しかし、2016年11月現在。 その誓いが果たされる見込みがない。 クリぼっち街道驀進中なのである。 今年こそ脱クリぼっちを果たさねばならぬ。 そこで東九州随一の霊山、尺間山へやってきた。 11:10、佐伯市側登山口出発…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

根子岳 2016.11.3

根子岳へやって来た。 信州の根子岳ではない。 阿蘇の根子岳である。 阿蘇高岳 信州の根子岳の近くには四阿山がある。 どちらも「あ」で始まる百名山が近くにある訳だ。 それに「く」で始まる百名山(久住山、草津白根山)が双方の北側にある。 よく似た山なのである。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

天山 2016.10.30

天山にやってきた。 まず天山の撮影のため、佐賀市の嘉瀬川河川敷に寄った。 登る前に、気球見物するのである。 気球を従え聳える天山の姿。 それを撮影し、ブログに載せるためだ。 6:45、気球が膨らみ始めた。 予想外に膨らむ気球。 デカイ! 天山が完全に隠れてしまっ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

弓張岳 2016.10.10

長崎県は佐世保市にやって来た。 見所は九十九島。 そのビューポイントである「九十九島八景」を巡ることにした。 8つのポイントのうち、6つは山なのである。 それらを登ろうという訳である。 まず一つ目は弓張岳。 7:05、駐車場出発。 7:08、頂上到着。 頂上には…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

志々伎山 2016.10.9

10月7日、阿蘇山が噴火した。 人的被害がないのが不思議なほど激しい噴火であった。 我が街大分にも火山灰が降ったほどだ。 阿蘇中岳火口。噴火警戒レベル1。 10月8~10日、連休である。 山に行きたいが、それ以上に噴火が怖い。 阿蘇山からできるだけ遠い山に行くことにした。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋吉台 2016.9.25

秋吉台にやって来た。 正面の台地が秋吉台と思われます。 9:49、長者森の駐車場を出発。 まずは展望台へ向かって進んだ。 へ~い へいへい へい へ~い(学園天国) カルスト台地として有名な秋吉台。 まさに台地である。 へいへいほ~(与作) とにかく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大平山 2016.9.17

1ケ月ほど山のない生活を送って来た寝太郎。 半日ほど時間ができた。 「山が俺を呼んでいる!」 そんな感じで別府の大平山へやって来た。 11:55、登山口出発。 ゴルフに興じる人を眺めつつ、山腹の巻き道を進んだ。 そして秋の色に染まり始めた桜並木添いの道を進んだ。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

由布岳 2016.8.13

8/6、由布岳入山規制解除。 状況偵察デアリマス。 ヒトサンヒトキュウ、正面登山口出発。 看板曰く、いまだ危険とのことデアリマス。 正面登山道序盤、異状ナシ。 前方に下山者発見セシ。 婦女子でも登降可能と見られマス。 正面登山道中盤、異状ナシ。 され…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

鹿納山 2016.8.11

新しい国民の祝日が誕生した 「山の日」である。 これを祝し、山に登ることにした。 この祝日にふさわしい山に登りたいところだ。 しかし、適当な山が思いつかない。 思いついたのは祝日つながりの「祝」子川。 登る山は決めず、とりあえず祝子川を遡ってみることにした。 8:03…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

俵山 2016.8.7

真夏日である。 熱くてどこにも行く気がしない。 リオ五輪をTVで観戦することにした。 すると競泳で萩野選手が金メダルを獲得! 猛追する後続をかわしての勝利に、寝太郎は声を上げてしまうほど興奮した。 すごいぞ、萩野君! 「皆さんを勇気づける泳ぎをしたい。」と彼は試合前に語っていた…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

傾山 2016.7.31

寝太郎の住む大分市。 このところ真夏日が続いている。 特に本日は雲ひとつないカンカン照りである。 これはしのげない。 涼を求めて、傾山へやって来た。 7:35、大白谷登山口出発。 傾山の登山道は樹林帯で、陽に差されず歩ける。 また、今回のルート(大白谷コース)は一部が沢沿いである…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

涌蓋山 2016.7.18

先週のオールスターゲーム。 大谷選手がHR競争を制し、さらに第2戦でMVPを獲得。 球宴が大いにわいた。 日本ハムわいたーズ という訳で涌蓋(わいた)山にやってきた。 7:50、疥癬湯登山口出発。 大谷選手と寝太郎には共通点がある。 どちらも二刀流なのである。 大谷…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

英彦山 2016.6.26

英彦山へやって来た。 ブロ友のポンちゃん様に、「珍しい花を見に行きませんか?」とお誘い頂いたのだ。 花に疎い寝太郎。 お花の師匠に随行する生徒の気分で参加した。 8:20、登山口出発。 メンバーは、信ちゃん・俊ちゃんご夫妻、ヒゲさん・ママさんご夫妻、ポンちゃんさん、Kさん、風来坊さん、じゅんパパ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

久住山 2016.6.18

花を見に九重へやってきた。 6:25、長者原の泉水山登山口出発 まず目に入ったのはこの花。 しかし、お目当てはこれじゃない。 イチヤクソウ これでもない。 イブキトラノオ これも違う。 アザミ これは近い。 でも違う。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

平治岳 2016.6.6

6月5日(日)、ミヤマキリシマを見るため平治岳へ登るつもりだった。 しかし、雨だったのでやめた。 先週も雨の平治岳に登ったので、「もういいや」と思ったのだ。 2回連続で雨の中に突入する気力がなかった。 先週の平治岳 そして家で、体操のリオ五輪代表選考会の模様を見た。 内村・加藤・白井・田中…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

平治岳 2016.5.29

寝太郎はおんせん県おおいたの観光キャンペーンサポーターである。 今、地震ため大分観光は危機に瀕している。 自慢の温泉だけでは挽回が難しいかもしれない。 それほど地震満々の大分県なのである。 サポーターとして何ができるだろうか? いまや「日本一の震源県くまもと・おおいた」 関西・関東・中京・…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

久住山 2016.5.21

金曜日、職場の飲み会があった。 我らのボスが、「明日はゴルフだよ…」と、苦渋の表情で言った。 「久々のプレーなので、同伴者に迷惑かけそうで…」 それが、苦渋の表情の理由であった。 我らのボスは、謙虚でマナーがいいのである。 一方、無根拠でテキトーな物言いの寝太郎。 「大丈夫ですよ。きっとイ・ボミみ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more