至仏山 2019.4.29

改元に伴う10連休。 さようなら平成、こんにちわ令和と、世の中は盛り上がっている。 しかし、本日4月29日は昭和の日なのである。 昭和を偲ばねばならない日だ。 なので昭和にちなんだ山に登りたい。 そこで、「昭和」ICに近い、至仏山にやって来た。 一番近いのは沼田ICです。 昭和の日は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

苗場山 2019.4.19

苗場山にやってきた。 小赤沢3合目駐車場までの林道は、まだ除雪されていなかった。 7:54、除雪最終地点を出発 まずは林道を進んだ。 斜度もなく、ルートファンディングも不要なので、いろいろ考え事をした。 「久々の山登りだなぁ。 一時期はほぼ毎週 山登りしてたなぁ。 山…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

浅間山 2018.10.21

浅間山へやってきた。 7:50、浅間山荘出発。 まずは川沿いの平坦な登山道を進んだ。 さらに進むと落葉松の林となった。 浅間山の落葉松と言えば北原白秋である。 からまつの林を過ぎて からまつの林を見き からまつはさびしかりけり たびゆくはさびしかりけり というアレだ。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

至仏山 2018.9.24

初秋の至仏山へやってきた。 8:20、鳩待峠出発。 歩き出すと紅葉途上のモミジがあった。 葉の先が赤いが、根元は青葉。 半分、青い。 本格的な紅葉はまだ先のなのであろう。 やはり紅葉には早いようだ。 さらに進むと青葉だらけの森となった。 断然、青い。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

御神楽岳 2018.8.12

山の日の週末、御神楽岳へやってきた。 山の祝祭日にどこへ行くべきか? そう考えたら御神楽岳が良いと思えた。 「神楽」という名前が、なんだか祝祭っぽい。 そして片道6km弱と距離も手頃。 お祭気分で登れるであろう。 6:26、そんな気分で広谷川の登山口出発。 まずは沢沿いの平坦な道…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

黒部五郎岳 2018.7.15~16

北アの黒部五郎岳にやってきた。 「北の国から」の黒板五郎と何か関係があるのかな? そんなことを考えながら、身支度をした。 4:57、飛越トンネル登山口出発。 5:26、稜線から朝日が出た。 黒板五郎気分の寝太郎。 その光を見て叫んだ(心の中で) 「ほたる~~!」 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

白馬岳 2018.8.2~4

ブロ友(けいこたん・じゅんパパ・ガック隊長)の白馬岳遠征に同行させて頂いた。 しかし、休暇の関係で全日程の同行は無理だった。 なので、白馬山荘で合流し、一緒に下山することにした。 山中でうまく落ち合えるか不安だったが杞憂であった。 歩いてくる寝太郎を、遠くから隊長さんとじゅんパパさんが発見してくれ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

羅臼岳 2018.6.11

知床へやってきた。 休暇を利用し、北海道を旅したが、もう離れる日が近い。 ~旅の終わり~ ~最果ての地~ ~夕暮れ~ ~独り~ ・・・・・・・・・ 旅情が表面張力一杯に満ち満ちるシチュエーションである。 能天気な寝太郎の胸すらも、旅情に満ち溢れた。 あまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斜里岳 2018.6.10

斜里岳にやってきた。 困った名前の山である。 「シャリだけ=(寿司)ネタなし」 なんだかネタを禁じられた感じがする山名ではないか。 普段、山でのネタを記事にしているネタ郎。 ネタを書かないなんて、ありえない。 なので「シャリだけ」の記事は、敢えて「ネタだらけ」で書こうと思う。 7:15、そん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

摩周岳 2018.6.7

摩周湖へやってきた。 この日の午前中、雌阿寒岳に登った。 続けて雄阿寒岳に登るつもりだったが、根性が足りず中止した。 そして摩周湖観光に来たのである。 摩周湖が見れたら根気が増える! (「婚期が遅れる」だったかな??) 展望台が混雑していたので、遊歩道から眺めることにした。 13:0…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雌阿寒岳 2018.6.7

雌阿寒岳にやって来た。 近くには雄阿寒岳もある。 ということは、両山を比較すると、こちらの方が女性的な山ということだ。 女性の魅力に興味がなくはなく、どちらかというと興味があったりする気がしなくもなく、興味がないと言えばウソになるが、興味があるというのとは少し違う気がするし、ましてや興奮なんかは全然しな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燧ケ岳 2018.5.6

H:「Hでーす!」 T:「Tでーす。」 H&T:「ボクら漫才コンビ、H(ひうちが)、T(たけ)でーす!」 H:「今日は、燧ケ岳で山スキー漫才やりまーす。」 H:「今日はええ天気やねー」 T:「そやねー。スキーには絶好の天気やねー」 H:「えっ?スキやのに絶交への転機ってどういうこと!?」 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

太郎坊山 2018.4.30

GW前半、帰省し大阪で過ごした寝太郎。 東京へ戻る途中に、東近江市の太郎坊山へ寄った。 いい年なのに独身の寝太郎。 実家にいる間、「結婚しろ、結婚しろ」と親からボヤかれ続けた。 ようやく説教から解放され、自由気ままな山登りだ。 10:18、麓の鳥居を出発。 登山道は「太郎坊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若草山 2018.4.29

奈良にやってきた。 藤の花が最盛期であった。 萬葉植物園の藤 あおによし 奈良のみやこは 咲く花の 薫ふがごとく いま盛りなり まさに、そんな感じである。 藤の香りを存分に楽しもう。 しかし、そうは問屋が卸さないのであった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大吉山 2018.4.28

GW前半の3連休。 寝太郎は実家(大阪)に帰省した。 しかし親と顔を会わすと、「結婚はまだか?」とうるさいので、まっすぐ帰るのは気が引ける。 宇治観光で時間をつぶすことにした。 平等院鳳凰堂 最近、かなり頑張って婚活している寝太郎。 しかし、親に伝えるほどの成果を挙げるには至っていない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

越後駒ケ岳 2018.3.31

越後駒ケ岳へやって来た。 3/28に奥只見シルバーラインの冬季閉鎖が解除された。 それで銀山平まで通行可能になったので、越後駒ケ岳に登ることにしたのだ。 しかしまだ、通行時間には制限がある。(6:00~18:00通行可) 5:50にゲート前に着き、行列に並んだ。 6:44、石抱橋…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

守門岳 2018.3.24

守門岳へ山スキーにやって来た。 朝3:00に起きて、登山口に7:00到着。 7:23、二口登山口を出発した。 早起きがつらかったが、登り出しは緩やかで、気温も丁度よかった。 のんびり歩きで、とりとめないことが頭に浮かんでくる。 守門岳に登るのは2回目だ。 10年くらい前だったかな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柄沢山 2018.3.17

東京で桜の開花が宣言されたこの日、上越国境の柄沢山へやってきた。 上越の桜は蕾。 まだ桜より吹雪に近い気候である。 この朝も小雪がちらついていた。 6:26、国道291号線除雪最終地点を出発。 は~るよ来いっ は~やく来いっ 歩き始めた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三毳山 2018.3.11

カタクリの花を見るため三毳山へやってきた。 11:55、三毳山自然公園南駐車場を出発。 公園には「早春の花まつり」というノボリがあった。 現在、気温は6℃で日差しもない。 「春は名のみの風の寒さや」状態である。 谷のカタクリも「時にあらず」と未開花が懸念される日和である。 それはマズい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

仙ノ倉山 2018.3.3

平昌オリンピックが終わってしまった。 ウインタースポーツを愛する寝太郎。 激しい平昌ロスに陥った。 心の穴を埋めるべく、平昌標山へやってきた。 仙ノ倉山が谷川連峰の最高峰 8:38、火打峠出発。 聖火で開幕したオリンピックを偲ぶに相応しいスタート地点である。 南風吹く平標山へ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巻機山 2018.2.10

巻機山へやってきた。 朝日はまだ山に隠れているが、時刻はもう8時。 かなり遅い。 業界用語でいうと、かなりのオシだ。 オシているので、マキで支度した。 「マキで支度しマキハタ山かぁ~」 かかとに絆創膏を貼りながら、そんなことを考えた。 しかし、のんびりダジャレをかましてる場合じゃ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

二岐山 2018.2.3

南会津の二岐山へやってきた。 8:44、二岐温泉の橅山荘から入山。 写真左が橅山荘。道路の右側へ進入 フタマタ山にフタマタ温泉。 フタマタだらけだ。 「フタマタ」とは二人の異性と同時交際することである。 けしからんことである。 そんなことを考え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

出羽三山 2018.1.12~14

休みが取れたので、雪を求め山形県へやって来た。 「山スキー馬鹿になるぜ!」 そんな意気込みだった訳だ。 しかし、結局のところ山スキーはしなかった。 登ったのは羽黒山(出羽三山)だけ… ゆる~いバカンスとなってしまった。 今回はそんな記事である。 マッサージチェアでバカンスを楽しむバカです…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

四阿山 2018.1.7

四阿山へやってきた。 8:54、あずまや高原ホテル登山口を出発。 本日は山スキーである。 積雪は十分。 快晴で視界良好。 絶好のコンディションだ。 しかし、絶好でないものがある。 装備である。 寝太郎得意の忘れ物だ。 冬用ストックを家に忘れてしまった。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都五山 2018.1.1

毎年、帰省のついでに京都見物している寝太郎。 今年は京都五山を巡ることにした。 まずは五山第一位の天竜寺にやってきた。 京都五山は天竜寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺の五つに、別格の南禅寺を加えた六寺。 また、大覚寺、妙心寺も、かつては五山だったらしい。 という訳で、本日はそれら八寺を巡ること…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

筑波山 2017.12.24

筑波山にやってきた。 今日は12月24日。 ニューイヤーズイブイブイブイブイブイブイブイブである。 しかし、元旦の前に祝祭日があったような気もする。 気になったのでカレンダーを見てみた。 元日まで祝祭日はなかった。 今日はニューイヤーズイブ×8 なのである。 10:0…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

雲取山 2017.12.2

今、世を賑わす「すもう取り」。 その時流に乗って、すもう取りに語感の似たくも取山へやって来た。 というのはウソである。 雲取山は標高2017m。 2017年のうちに登っておきたい山である。 いずれにしても、時流に乗って雲取山にやって来たのだ。 7:38、小袖乗越登山口出発。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鎌倉五山 2017.11.26

北鎌へやってきた。 と言っても、槍ヶ岳の北鎌尾根ではない。 やって来たのは横須賀線の北鎌倉駅。 本日は鎌倉散歩なのである。 現在、婚活中の寝太郎。 来週末はお見合いである。 お相手の趣味は「芸術鑑賞 読書 ヨガ 散歩」とのこと。 かたや寝太郎。 「趣味:アウトドア全般(山登…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鹿島槍ヶ岳 2017.11.12

鹿島槍ヶ岳にやってきた。 払暁の空に鹿島槍ヶ岳が浮かんでいた。 薄っすら赤みを帯びていた。 薄紅色のかわいい君のね~ 果てない夢がちゃんと 届きますよに~ そんな鼻唄がこぼれてしまった。 本日のコースは結構長い。 薄紅色の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高山 2017.11.5

日光男体山へやってきた。 しかし、男体山は雲に覆われていた。 おそらく頂上部は日も差さず、風雪の世界であろう。 日の光がない男体山。 寝太郎はそれを博多弁で「日光なかたい山」と呼んでいる。 熱男とも呼ばれる博多っ子ほどの根性がなく、ぬるーい関西人の寝太郎。 バリ寒の男体山に登る気になれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more