至仏山 2018.9.24



初秋の至仏山へやってきた。

8:20、鳩待峠出発。

画像




歩き出すと紅葉途上のモミジがあった。

葉の先が赤いが、根元は青葉。

半分、青い。

本格的な紅葉はまだ先のなのであろう。

画像




やはり紅葉には早いようだ。

さらに進むと青葉だらけの森となった。

断然、青い。

画像




緩い傾斜の木道を進んだ。

秋風がつめたく、なにか羽織りたいところだ。

というのはウソである。

結構温かい日和で、汗をカキカキ進んだ。

画像




半分、あるいた。

9:40、頂上への中間地点の小田代ケ原到着。

画像




笠ケ岳から続く稜線に出た。

ここにも木道が敷かれている。

至仏山は花の名山なので、植生保護のために敷かれているのであろう。

とても歩きやすい。

しかし左右の木道を占拠しているパーティがいた。

楡野鈴女ならぬ「二列で進め」である。

そんな登山者は、萩尾律ならぬ激しく律っさねばならん。

「半分で、あるいて!」

そう注意して進んだ。

(ウソ。寝太郎はそんな注意はセンキチ。)

画像




小至仏山が近づいてきた。

標高2,000mを越え、気温が低いのだろうか。

ツツジ類が結構紅葉していた。

十分、赤い

ちょっと天気が悪いが、思いのほか進んでいる紅葉を楽しみながら進んだ。

画像




10:10、小至仏山到着。

天気も好転していきた。

まだ雲が多いが、青空も顔を覗かせている。

半分、青い!

画像




10:49、頂上到着。

画像




さわやかな初秋の山登り。

良い汗をかいたせいか、しょっぱいオニギリが美味しかった。

塩分、うまい!

画像




頂上からは、草紅葉の尾瀬ケ原が美しく見えた。

なので、そちらへ下った。

画像




しかし登ってくる人から、「この道は登り一方通行だよ」と注意された。

そんなことはあるまい。

そう思ったが、来る人来る人同じことを言う。

画像




登山道が一方通行で進入禁止なんて聞いたことがない。

まさかと思ったが、注意に従い頂上へ戻った。

するとまさかの注意書きがあった。

画像




尾瀬の目と鼻の先まで来ていながら、そこへ行けないなんて!

あまりのショックで無言のUターン…

画像




………

画像




………

画像




………

画像


13:04、鳩待峠到着。

後半の下山、無言の記事となった。

かなりいい加減である。

しかし、今回のテーマは「半分、青い」

尾瀬に周回できなくて、心が沈んだブルーさを、半分無言の記事にすることで表現したのである。

なので、これにて了!

(ウソ。書くのが面倒だっただけです。すみません。)


この記事へのコメント

豊津の信ちゃん
2018年10月23日 21:29
こんばんは。お久しぶりです~~
最初 記事を読みながら「あら、寝太郎さんは小至仏山の方から登っているが~」と思っていました。
この山は蛇紋岩の岩なので、雨の時などは滑りやすくて危険なので登りに使い、至仏山からの周回コースになっているんですよね。周回できなくて残念でした。
2回 登りましたよ。1回は燧ケ岳~至仏山と歩きました。10月の半ばに行った時は紅葉がきれいでした。
2018年10月23日 23:59
信ちゃんさま、お久しぶりです。
至仏山を2度も登られている上、一方通行についてもご存じとは!
「植生保護のため下り禁止」の意味が分からなかったのですが、滑りやすくて危険だからなのですね。毎度のことながら博識ぶりに驚きです。
自身の無知ぶりも驚きに値するんですけども…。
けいこたん
2018年10月24日 22:01
至仏山、よく聞く名前ですが、こんな山なのですね。楽しく見せていただきました。(^^)
後半の点点点点を想像してみましたが、寝太郎さんはすっ飛ぶように下山されたに違いないので、点点点点は、っ、っ、っ、っに聞こえました。
あー、意味分からんですね。
すみません。

2018年10月25日 23:41
けいこたん、こんばんは。
すっ、するどい!
下りは最後に雨が降って来たので、はっ、っ、っ!
と駆け下ったのです。
なお、ピストンコースでしたので、この記事では至仏山の半分しか紹介できてません。本当なら尾瀬ヶ原も周回できるバラエティに富んだ山であります。

この記事へのトラックバック