三毳山 2018.3.11



カタクリの花を見るため三毳山へやってきた。

画像




11:55、三毳山自然公園南駐車場を出発。

公園には「早春の花まつり」というノボリがあった。

現在、気温は6℃で日差しもない。

「春は名のみの風の寒さや」状態である。

谷のカタクリも「時にあらず」と未開花が懸念される日和である。

それはマズいので開花祈願のため隣のお寺に寄って行くことにした。

画像




お寺は三毳不動尊。

本堂の幕には毛毛毛毛毛毛とある。

どうも「毳」の字がお寺のトレードマークのようである。

最近、風の寒さを頭皮で感じるようになってきた寝太郎。

開花祈願より増毛祈願したほうが良い気がしてきた。

 もしや貴方はカミのカミ様ですか?
 そうなら毳の字のように毛を沢山にしてください。
 毛沢東さんじゃありませんよ。
 毛が沢山ですよ。
 間違っても毛沢東さんヘアにはしないで下さい~。

普段はカミ様を信じないくせに、かなり入念な祈りを三毳不動尊に捧げてしまった。

画像




しかし参道を戻ったところで、三毳不動尊のおちからが判明。

カミのカミ様ではなかった。

まぁ、いいだろう。

カミのことを神頼みなんてしているようではダメなのだ。

「やる気があれば何でもできる」と、アントニオ猪木氏も言っている。

やる気?いや元気だったかな??

とにかく気力が重要ということだ。

髪は気力でボーボーにするぞ!

燃えよ毛根!

画像


いや燃やしちゃマズい。

萌え出よ毛根!

1・2・三(毳山)・ダー!

と気合を入れて、山に向かった。



開花祈願を怠ったせいか、花は少なかった。

柵で守られた場所には花があったが、かなりまばらだ。

わが国の大政治家で言うと吉田茂首相の頭部ほどの花密度だった。

画像
茂だけど茂ってないとは、これいかに。




12:19、最初のピークである三毳神社到着。

三毳不動尊での祈りを反省し、ここでは入念に開花祈願した。

「村山首相のマユゲくらいカタクリ繁昌でありますように~。」

画像




祈りもむなしく三毳神社から先も花はまったくなかった。

今、花まつりのはずである。

お祭りなのに花が無さ過ぎる。

「ひょっとして鼻まつりだったかな?」

そんなありえないコトまで考えてしまう状況であった。

画像
花かと思ったら枯れたガク




開花祈願は成就しなかった。

しかし増毛祈願はこんなところで見事に成就していた。

画像
寝太郎の頭上で成就してくれ




そうこうするうち、三毳山最高地点の青竜岳に到着。

実に勇壮な名前である。

「天山山脈の最高峰だよ」とウソをついても、すぐにはバレないくらい貫禄がある。

しかし、実際の標高はサンシャイン60より少し低い。

なので登り応えとしては少々物足りない。

画像


「超絶孤高のサンシャイン池崎の100倍以上高いぜ!イエエエエーイ!」

そう叫んで達成感を味わいたいが、そうも行かない。

やはり花を見なければならない。

ここから北に800mにあるカタクリの里へ向かった。



13:27、カタクリの里到着。

カタクリの里はフェンスで守られていた。

これは期待できるかもしれない。

画像




期待しつつ扉を開くと、予想以上の数のカタクリが生えていた。

しかし、すべてツボミであった。

画像




松潤曰く、事件の99.9%は有罪のツミ。

一方、カタクリの里は99.9%がツボミ。

0.1%を探し出すのだ、寝太郎よ!

画像
この花(イチリンソウ?アズマイチゲ?)は沢山あり




キラキラ瞳の松潤気分でカタクリの里を一周した。

しかし咲いているカタクリはなかった。

最も開いていたのはこの一輪だった。

花は諦めるしかなさそうだ…

残念だが帰ることにした。

画像




来た道を引き返した。

同じコースなので、花がないのが明らかだ。

開花祈願しても無駄なので、再び増毛祈願しながら進んだ。

寝太郎の頭よ~

画像
BEFORE




こんな頭になれ~

画像
劇的AFTER!




そんなことを考えながら戻っていたら、カタクリの里とは別にカタクリの園があることを発見した。

そこにカタクリが咲いていれば花0.0%、すなわちツボミ100%は避けられる。

アキラメ100%だったが、再び期待を抱き、カタクリの園に向かった。

画像




15:02、カタクリの園到着。

アキラ100%のお盆のようなキラキラ瞳でカタクリを探した。

画像




するとかろうじて咲いている一輪を発見!

釣りで言うところの坊主はなんとか回避できた。

これで来た甲斐があったというものだ。

ほっと一息ついて登山口へ戻った。

画像
↑サンシャイン池崎よりも反り返る花びら!




15:25、南登山口帰着。

画像


帰宅して、ブログを書くために毳のことを調べた。

「毳」の読みは「むくげ」。

細くて柔らかい毛のことらしい。

ってことは、毳化したらマズいということだ。

それなのに三毳山に登ってしまった…

「来週にでも毛勝山か黒髪山に行かねば!」

と考えたが、富山県や佐賀県は遠すぎる。

さらに考えたら、一か月前に毛無山(※)に登っていたことを思い出した。

毛無山 登頂済み!

もう手遅れかも…

(※ 野沢温泉スキー場)


この記事へのコメント

ポンちゃん
2018年03月13日 20:49
こんばんは、寝太郎さん
毛無山のたたりじゃあ!間違いなし!(爆)
さておき、寝太郎さんが、花散策に行くようになるとは??!!
朱に交われば何とやら~かな?
2018年03月13日 23:41
ポンちゃん、こんばんは。
三毳山には往復で2回、毛無山にはリフトで繰り返し10回くらい登ってしまいました。たたり間違いなしです。ゲー術は爆発だ!岡本寝太郎ヘアに近いうちになる気がします。
さておき、この時期は白一色の寝太郎ですが、紫を目指してしまいました。まさに朱に交わったおかげです。でも結局はアズマイチゲ?イチリンソウ?の白と、まだ白いツボミだったんですけどね。
けいこたん
2018年03月18日 06:08
寝太郎さん、おはようございます!
わあ、すごい!
まあ、素敵!
もう、カタクリの花を見るなんて!
やっぱり可愛い、いいですね。
羨ましいです。
白一色の世界から、色づいた寝太郎さんが、これからも楽しみです。
2018年03月19日 00:08
けいこたん、こんばんは。
三毳山のカタクリは、ちょうどこの週末に見頃を迎えたようですが、この週末は白一色の世界へ行ってしまいました。
どうしても白一色の世界に行ってしまうので、けいこたん御一行が白馬岳に再チャレンジされる際はお伴したいと思います。1.白いハクサンイチゲやチングルマしかご案内できない。2.大雪渓を滑り降り(落ち?)てしまう。そんな懸念はありますが…

この記事へのトラックバック