笹ケ峰 2014.11.16



連休を取って、四国の山めぐりに来た。

2日目の山めぐりで、すこし疲れている。

だから、やさしい山がいい。

「ささがみね」

なんだか優しい名前の山じゃないか。

そんな気分で、笹ヶ峰にやってきた。

画像




ウソである。

笹ケ峰はやさしくないのである。

寝太郎はそれを知っている。

前回、道半ばで力尽き、撤退させられたのだ。

書き出しの文章は、その時のレポの使い回しである。

今回は気を引き締めてやってきた。

8:39、寒風山トンネルの登山口を出発。

画像




「ささがみね」の語感にゴマカされてはいけない。

例えばである。

「お前の相手は『もこみち』じゃ!」

そんな風に、見知らぬ男を許婚にされたらどうだろう。

モッサい田舎者を想像するはずだ。

そして、かなり不安になるだろう。

だが世の中には、超美形・料理万能な「もこみち」もいるのだ。

(いや、「もこみち」なんてアイツしかいねぇよ)

「ささがみね」に騙されてはいけないのだ。

画像




ハシゴなしには登れない岩場だってあるのだ。

このハシゴの設置者には感謝を捧げたい。

1999年に設置したようだ。

大魔王の降臨が預言された、あの世紀末の年だ。

その最中、ハシゴを据えた ノンキさ 勇気を讃えよう!

画像




9:57、寒風山到着。

前回は積雪期に訪れた。

そして、ここでトレースが無くなったのだ。

で、猛ラッセルとなり、途中力尽きた。

今回はノーラッセルだ。

楽勝、楽勝!

画像




では、一旦下ろう。

笹ケ峰を見つめつつ、下り始めた寝太郎。

いきなりコケた

下りだしの北斜面。

ツルリと滑る雪が隠れていたのだ。

夏靴の寝太郎は登山道下まで滑落した。

2014の年、ネスタロダムスは魔王に変身し、ササやぶに降臨!

こんな雪は滅亡してしまえ!

画像




ほどなく笹ケ峰の名にふさわしい道となった。

晩秋の笹原を渡る風は、結構冷たかった。

風の中、寝太郎はさっさ と進んだ。

さむっ。

画像




前回の撤退地点にやってきた。

記憶では、まだかなりの距離が残っていたはずだ。

しかしである。

なんだか近くに見える。

ひょっとして、スグ着いちゃったりして。

そしたら、すこしガッカリだな。

画像




予言は的中した。

すぐに着いた。

おまけに、道の斜度はゆるゆるだった。

前回、もう少し頑張ればよかった。

ガッカリした。

でも、前回ここまで来ていたら、日が暮れてしまっただろう。

そうだ。あの時は日没ギリギリの下山だった。

あの時の判断は間違ってなかったはずだ。

画像




しかし、そんな言い訳で慰められたのは一瞬だった。

さらに残酷な事実が判明した。

わがルートとは反対の、南側から登山者が続々とやってくるのだ。

寝太郎の地図にそんな道はない。

登ってきた人に聞いてみたら、南麓からの直登ルートがあるらしい。

それが笹ヶ峰への最短ルートらしいのだ。

ってことは…………

前回の正解は、「頂上経由で南麓へ下山」だったってことだ。

ガ、ガッカリンコ…

頂上へ来て、ここまでガッカリしたのは初めてだ。

画像


「(寝太郎の) ケツは青かった…」 by ガッカリン



あの時の辛い撤退は何だったんだ…

南麓への道を見てると悲しくなるぞ。

ここを離れて気分転換しよう。

隣の山へセンチメンタル・ジャーニーだ。

画像




隣の山の名はちち山だ。

笹ケ峰とちち山。

「ささ vs ちち」

完全なる線対称である。

こりゃ気分を180度 転換できそうだ。

画像




11:55、ちち山山頂。

偶然、対子が4個できた。

「頂」が出れば、「ロン!ウートイツ!」である。

めでたい気分になってきた。

「頂」って牌は存在しないなんて、言いっこナシヨ!

画像




ちち山で昼飯を食った。

南斜面で陽を浴びながら休憩した。

そしたら、ちち山への登山道を発見した。

これも寝太郎の地図にはない道だ。

ささの山なので、どんどん道が拓かれているのだろう。

画像




12:55、ちち山出発。

ピストンルートを引き返した。

笹ケ峰を越えると、石鎚山地の山並みが眺められた。

空は青かった。

右手には瀬戸内海も広がっている。

海も青かった。

ガッカリンな気分は、宇宙の果てへ消え去った。

画像




14:54、寒風山を越え、桑瀬峠まで降りてきた。

あとは、稜線を外れ登山口へ下りるだけだ。

そこで連休が終わる。

ちょっとセンチな気分になった。

そんな寝太郎の目に、「伊予富士まで1時間10分」という標識が映った。。

伊予富士に寄り道することにした。

何かにさそわれて~

センチメンタル・ジャ~ニ~


画像




伊代はまだ 6才だから~

画像
降りてくる女の子がいた。
半ズボンって、若いなぁ。




瞳の奥で夢を見ていたい~

影絵のように 美しい~

伊予富士だけを見てたいの

寝太郎は46だから~


画像
日が暮れるぞ~




影絵のように 美しい~

ダイヤモンド 伊予 富士を見てたいの

寝太郎は46だから~


画像
日没だ~~~~




影絵のように 美しい~

石鎚山を見てたいの

寝太郎は46だから~


画像
15:39、伊予富士到着。




影絵のように 美しい~

寝太郎だけを見てたいの

伊予富士の 縦走路だから~


画像
疲れ切った寝太郎。ん~、美しい…




16:40、登山口に戻った。

画像


休暇は終わった。

そして、秋の山もこれで終わりだ。

冬に向かって働くぜ!

アリンコのように!!

寝太郎は、重労働者だから~

唄好きのキリギリスっぽいけどね


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

けいこたん
2014年11月24日 17:09
以前にお正月の笹ヶ峰の記事を読んだときも、この寝太郎さんっていう人はなんて人だろう。
膝、腿まである深い雪のなかを一人でラッセルするなんてー。
ラッセルって映画か小説の中のことでしょ。誰もいない雪山一人で登るだなんてー。
絶対ふつうの人じゃないーと、思っていました。
今回は雪もなく他に登山者もいるので、私も安心してバーチャル登山できました。
あ、バーチャルだからまちがいなく安心なのですが。(^_^;)
楽しそうですね。足が山に向かってどんどん進んでいくのですね。コースタイムもうんと縮めて。
「笹ヶ峰」魅力的な山のようですね。さらに「ちち山」「伊予富士」。寝太郎さんが登る山はどれもよさそうです。いいなあ~~!いつか登りたいと思いました。
告白
昨日アップの「東赤石山」では、知らない漢字が二つありました。
駘蕩と韃靼。韃靼はダッタン蕎麦しか知りませんでした。勉強になりました。
2014年11月24日 20:48
けいこたん様。こんばんは。
笹ヶ峰は良い山です。南麓→笹ヶ峰→ちち山→南麓の周回コースなら、登頂するといきなり海!その後、ささの稜線と海を眺めて稜線漫歩!です。
是非、リアル登山なさってください。なお、ツツジの季節が最高らしいです。

なお、東赤石山の記事は、寝太郎が普段絶対に使わない言葉を使いまくったので、知恵熱が出そうでした。お調べ頂いたようで、嬉しい限りです。

この記事へのトラックバック