テーマ:百名山

至仏山 2019.4.29

改元に伴う10連休。 さようなら平成、こんにちわ令和と、世の中は盛り上がっている。 しかし、本日4月29日は昭和の日なのである。 昭和を偲ばねばならない日だ。 なので昭和にちなんだ山に登りたい。 そこで、「昭和」ICに近い、至仏山にやって来た。 一番近いのは沼田ICです。 昭和の日は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

苗場山 2019.4.19

苗場山にやってきた。 小赤沢3合目駐車場までの林道は、まだ除雪されていなかった。 7:54、除雪最終地点を出発 まずは林道を進んだ。 斜度もなく、ルートファンディングも不要なので、いろいろ考え事をした。 「久々の山登りだなぁ。 一時期は、ほぼ毎週 山登りしてたけどなぁ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

浅間山 2018.10.21

浅間山へやってきた。 7:50、浅間山荘出発。 まずは川沿いの平坦な登山道を進んだ。 さらに進むと落葉松の林となった。 浅間山の落葉松と言えば北原白秋である。 からまつの林を過ぎて からまつの林を見き からまつはさびしかりけり たびゆくはさびしかりけり というアレだ。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

至仏山 2018.9.24

初秋の至仏山へやってきた。 8:20、鳩待峠出発。 歩き出すと紅葉途上のモミジがあった。 葉の先が赤いが、根元は青葉。 半分、青い。 本格的な紅葉はまだ先のなのであろう。 やはり紅葉には早いようだ。 さらに進むと青葉だらけの森となった。 断然、青い。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

黒部五郎岳 2018.7.15~16

北アの黒部五郎岳にやってきた。 「北の国から」の黒板五郎と何か関係があるのかな? そんなことを考えながら、身支度をした。 4:57、飛越トンネル登山口出発。 5:26、稜線から朝日が出た。 黒板五郎気分の寝太郎。 その光を見て叫んだ(心の中で) 「ほたる~~!」 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

白馬岳 2018.8.2~4

ブロ友(けいこたん・じゅんパパ・ガック隊長)の白馬岳遠征に同行させて頂いた。 しかし、休暇の関係で全日程の同行は無理だった。 なので、白馬山荘で合流し、一緒に下山することにした。 山中でうまく落ち合えるか不安だったが杞憂であった。 歩いてくる寝太郎を、遠くから隊長さんとじゅんパパさんが発見してくれ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

羅臼岳 2018.6.11

知床へやってきた。 休暇を利用し、北海道を旅したが、もう離れる日が近い。 ~旅の終わり~ ~最果ての地~ ~夕暮れ~ ~独り~ ・・・・・・・・・ 旅情が表面張力一杯に満ち満ちるシチュエーションである。 能天気な寝太郎の胸すらも、旅情に満ち溢れた。 あまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斜里岳 2018.6.10

斜里岳にやってきた。 困った名前の山である。 「シャリだけ=(寿司)ネタなし」 なんだかネタを禁じられた感じがする山名ではないか。 普段、山でのネタを記事にしているネタ郎。 ネタを書かないなんて、ありえない。 なので「シャリだけ」の記事は、敢えて「ネタだらけ」で書こうと思う。 7:15、そん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雌阿寒岳 2018.6.7

雌阿寒岳にやって来た。 近くには雄阿寒岳もある。 ということは、両山を比較すると、こちらの方が女性的な山ということだ。 女性の魅力に興味がなくはなく、どちらかというと興味があったりする気がしなくもなく、興味がないと言えばウソになるが、興味があるというのとは少し違う気がするし、ましてや興奮なんかは全然しな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燧ケ岳 2018.5.6

H:「Hでーす!」 T:「Tでーす。」 H&T:「ボクら漫才コンビ、H(ひうちが)、T(たけ)でーす!」 H:「今日は、燧ケ岳で山スキー漫才やりまーす。」 H:「今日はええ天気やねー」 T:「そやねー。スキーには絶好の天気やねー」 H:「えっ?スキやのに絶交への転機ってどういうこと!?」 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

越後駒ケ岳 2018.3.31

越後駒ケ岳へやって来た。 3/28に奥只見シルバーラインの冬季閉鎖が解除された。 それで銀山平まで通行可能になったので、越後駒ケ岳に登ることにしたのだ。 しかしまだ、通行時間には制限がある。(6:00~18:00通行可) 5:50にゲート前に着き、行列に並んだ。 6:44、石抱橋…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

巻機山 2018.2.10

巻機山へやってきた。 朝日はまだ山に隠れているが、時刻はもう8時。 かなり遅い。 業界用語でいうと、かなりのオシだ。 オシているので、マキで支度した。 「マキで支度しマキハタ山かぁ~」 かかとに絆創膏を貼りながら、そんなことを考えた。 しかし、のんびりダジャレをかましてる場合じゃ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

四阿山 2018.1.7

四阿山へやってきた。 8:54、あずまや高原ホテル登山口を出発。 本日は山スキーである。 積雪は十分。 快晴で視界良好。 絶好のコンディションだ。 しかし、絶好でないものがある。 装備である。 寝太郎得意の忘れ物だ。 冬用ストックを家に忘れてしまった。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

筑波山 2017.12.24

筑波山にやってきた。 今日は12月24日。 ニューイヤーズイブイブイブイブイブイブイブイブである。 しかし、元旦の前に祝祭日があったような気もする。 気になったのでカレンダーを見てみた。 元日まで祝祭日はなかった。 今日はニューイヤーズイブ×8 なのである。 10:0…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

雲取山 2017.12.2

今、世を賑わす「すもう取り」。 その時流に乗って、すもう取りに語感の似たくも取山へやって来た。 というのはウソである。 雲取山は標高2017m。 2017年のうちに登っておきたい山である。 いずれにしても、時流に乗って雲取山にやって来たのだ。 7:38、小袖乗越登山口出発。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鹿島槍ヶ岳 2017.11.12

鹿島槍ヶ岳にやってきた。 払暁の空に鹿島槍ヶ岳が浮かんでいた。 薄っすら赤みを帯びていた。 薄紅色のかわいい君のね~ 果てない夢がちゃんと 届きますよに~ そんな鼻唄がこぼれてしまった。 本日のコースは結構長い。 薄紅色の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

常念岳 2017.11.3

先日、大分から東京へ戻ってきた寝太郎。 山仲間が歓迎会を催してくれた。 一枚目の写真はその時の模様である。 写真のケーキには「おかえりなさい隊長」とある。 山仲間の中では、寝太郎が登山歴も人生歴も一番長い。 なので、「隊長」と称しているのだ。 しかしである。 寝太郎が東京を離れている…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

妙高山 2017.10.28

大分から東京へ転勤になり、しばらく山に行けなかった。 転居から4週間、ようやく落ち着いてきたので山へ行くことにした。 ネットで調べると、妙高高原が紅葉の見頃との情報であった。 そういう訳で、妙高山へやってきた。 6:30、燕温泉登山口出発。 まずは、渓谷沿いのなだらかな道を進んだ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

久住山 2017.8.13

暑くて暑くてたまらない。 涼を求めて久住山に登ることにした。 8:40、吉部登山口出発。 ここから坊がツルまで川沿いのルートである。 きっと、なだらかな道で涼しく歩けることだろう。 9:10、暮雨(くらさめ)の滝到着。 あー、涼やか! しかし、これを眺める寝太郎。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

久住山 2017.6.18

「自由民主党 安倍総裁」と「共和党 Mr.トランプ」 両氏に重大な疑惑が浮上している。 そんな状況下、3週連続ミヤマキリシマ鑑賞にウツツを抜かしている寝太郎。 こんなことで良いのだろうか?! 良い訳がない。 聡明な国民(および同盟国民)なら、疑惑に目を向けねばならない。 なので、今日は…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

祖母山 2017.4.30

ツツジを見に祖母山へやって来た。 この時期の祖母山は、2014、16年にも来ており、これが3回目である。 3年前から通っているのだ。 前々々年も前年も、ツツジは薄紅の微笑で迎えてくれた。 今年はどうだろう。 今回は大障子岩から祖母山へ登る計画だ。 7:24、大障子岩登山口出発。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大山 2017.3.4

今、わが国では働き方改革が進んでいる。 働きすぎてはいけないのである。 なんと、休まねばならないのである。 「なんかおかしくないか?」 そんな気もするが、悪い気分ではない。 WOOO ワークレボリュ~ショ~ン イェイ イェイ イェイ  イェイ イェイ イ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

久住山 2017.2.18

「は~い皆さん、黒板に注~目~! 人という字は、ヒトとヒトが支え合ってます。 支えあってこそ人なんです!」 これは金八先生の名言である。 そうならば、寝太郎は左払いの一画だ。 右払いのヒトの支えで生きていくワタシ。 そんな男である。 「居眠りするな 寝太郎ぉ~、このバカチンがぁ~」 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

久住山 2016.11.6

久住山へやって来た。 長者原の駐車場は大混雑。 2つが満車。 仕方なく不便な3つ目の駐車場に車を留めた。 しかし、なぜか寝太郎はゴキゲンに唄いながら歩くのであった。 「歓びの歌」 by ベートーベン である。 晴れたる青空 ただよう雲よ~
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久住山 2016.6.18

花を見に九重へやってきた。 6:25、長者原の泉水山登山口出発 まず目に入ったのはこの花。 しかし、お目当てはこれじゃない。 イチヤクソウ これでもない。 イブキトラノオ これも違う。 アザミ これは近い。 でも違う。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

久住山 2016.5.21

金曜日、職場の飲み会があった。 我らのボスが、「明日はゴルフだよ…」と、苦渋の表情で言った。 「久々のプレーなので、同伴者に迷惑かけそうで…」 それが、苦渋の表情の理由であった。 我らのボスは、謙虚でマナーがいいのである。 一方、無根拠でテキトーな物言いの寝太郎。 「大丈夫ですよ。きっとイ・ボミみ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

宮之浦岳 2016.5.4

ゴールデンウィークの3連休、屋久島へ行くことにした。 3日間の交通費だけで約4万円 (◎o◎) スーパーリッチな山旅である。 カネに糸目をつけず、高速移動手段を使いまくる。 そしてただひたすらに宮之浦岳に向かう。 島内の他の観光地へは一切寄り道しない。 もったいないくらい贅沢な行程であ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

祖母山 2016.4.30

アケボノツツジを見に、祖母山へやってきた。 この時期の祖母山は、一昨年に続き二度目の来訪である。 前回同様、美しいアケボノツツジを鑑賞したいところだ。 7:55、尾平鉱山登山口出発。 本日のルートは宮原→祖母山→古祖母山→尾平越。 一昨年と全く同じルートである。 新鮮味がない。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

久住山 2015.12.20

久住山へやってきた。 登山口までやまなみハイウェイを通ってきた。 開豁でシ―ニックな高原道路である。 九重山群に来るたび通る道だが、何度走っても飽きない道だ。 やまなみハイウェイ沿いのドライブインからの眺め 9:33、牧の戸峠出発。 雪が5cmほど積もっていた。 車道に雪はありま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

祖母山 2015.11.15

祖母山へやってきた。 寝太郎には、最近”老い”に関する悩みがある。 それを「祖母さん」に相談しようと思って来たのである。 帰途に撮影した祖母山のシルエットです。 悩みは視力の衰えだ。 最近、老眼の進行が激しいのである。 ゴハンならぬ ロウガンがススム君の行進が止まらないのだ。 いや、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more