テーマ:二百名山

由布岳 2013.12.29

年が暮れようとしている。 ゆく年をかえりみ、来る年を望み見る時期である。 いろいろと見つめねばならない時期だ。 そこで眺望のいい由布岳へやってきた。 由布岳は豊後富士の異名を持つ。 なので、頭を雲の上に出していてほしい。 しかし、本日の由布岳は頭を雲の中にいれている。 眺望が得られるだろうか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

尾鈴山 2013.12.23

「オ・モ・テ・ナ・シ 」 今年の流行語大賞だ。 流行に敏感な寝太郎は、それにちなみ「オ・ス・ズ・ヤ・マ 」に登ることにした。 でも両者の共通点は、頭文字と文字数だけだ。 無理がないか? 実は、それほど無理矢理でもない。 尾鈴山は瀑布群が見どころの山なのだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大崩山 2013.11.4

大崩山へやってきた。 読みは「おおくえやま」である。 ”OOKUzurE YAMA” ZURよ!どこへ消えたんだ? 7:08、祝子登山口を出発。 歩き出しは、川に並行して進む、なだらかな道だった。 7:54、大崩山荘到着。 山荘のそばの河原から、大崩山のシンボルである小積ダキが見…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雲仙岳 2013.9.28

雲仙へやってきた。 5:30、雲仙温泉の池の平公園から出発。 日の出前の出発だ。 暗い山道で、考えごとをしながら登った。 「雲仙」のゼンって何だろう?  仙人とか、仙境とか、「山」的な言葉かなぁ? じゃあ、「歌仙」って何だろう? ??? 歌の「山」じゃないよなぁ。 なんだろう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

市房山 2013.9.16

敬老の日だ。 それにちなみ、杉の老木が立ち並ぶ、市房山にやってきた。 しかし、本来は人生の大先輩を敬うべき日だ。 道中、シルバー登山者がいたら、敬意を払おう。 6:30、市房山キャンプ場を出発。 まずは、市房神宮への参道を歩いた。 杉が立ち並んでいるが、これらはまだ若造だ。 立派…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

由布岳 2013.7.20

由布岳へやってきた。 7:09、登山口出発。 なだらかな草原の道を歩き始めた。 「丘を越え行こうよ~ 」 思わず、唱歌「ピクニック」を唄ってしまった。 丘を越えて行く、マキバの道という感じだったのだ。 「空は澄み青空~ マキバを指して~ 」 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

桜島 2013.7.15

海の日だ 日本国民は皆、海の恩恵に感謝せねばならない。 普段、山をこよなく愛する寝太郎だが、海へやってきた。 海よ、ありがとう! 感謝を捧げます。 嘘である。 日本二百名山の完登を目指す寝太郎。 その最南端の一峰、桜島にやって来たのである。 17:48、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英彦山 2013.6.29

九州に転勤になった 企業戦士たる者、命令とあらば、どこにでも馳せ参じるのだ。 いざ鎌倉っ! (方角的には防人かな?) そして、死ンデモ喇叭ヲ離サズ戦うのだ  社長! 誓います。 寝太郎は、九州の市場を、ついでに山々を、 隅々まで開…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

御正体山 2013.5.19

御正体山に登ることにした。 漢字に弱い寝太郎は、この山を 『ごしょうたい山』 とよんでいた  正しくは 『みしょうたい山』 らしい。 まぁ、漢字に弱いのは今に始まったことじゃない。 シロウマ岳に登った時 「ハクバ岳は、いい山ですねぇ~」と、他の登山者にしみじみと語ったことも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

毛勝山 2013.4.28

毛勝山は雪渓を詰めていくのが、メジャールートだ。 残雪のこの時期が最適期なのだ  「いつやるか?今でしょ!」 予備校の先生式に気合を入れ、毛勝山に向かった。 残雪のため、林道はクルマが通行止めだった。 5:30、ゲート出発。 林道は、ところどころ残雪に覆…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

黒姫山 2013.1.5

今シーズン、スキー登山で2連敗中だ  登頂率0%  3タコすると負け癖がつきかねない。 ガイド本に中級グレードと書かれている黒姫山に行くことにした。 登山口が近づくと、車の温度計が-20℃を表示していた。 これまで見たことがない温度だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御在所岳 2012.12.31

年末年始だ  大阪の実家に帰省する  オヤよりヤマが好きな寝太郎としては、遠方の山にのぼるチャンスである。 道中にある、御在所岳に寄って行くことにした。 湯の山温泉バス停脇の駐車場を利用。 8:51、出発。 御在所山の家まで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒船山 2012.12.24

クリスマスイブである  聖なる山に行こうじゃないか  旧約聖書のノアの方舟の遺構との伝説(※)を持つ、荒船山へ行くことにした。 (※ これは寝太郎が子々孫々に語り継ぎ、今後伝説になる予定の与太話である。    まっかっかのウソであることを、ここに注記します。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙義山 2012.11.4

不肖寝太郎、四十?歳。 四十肩になってしまった  まぁ、痛みはあるけど、山歩きに支障はない程度だ。 しかし、もっと悪化したら、鎖場が登れなくなるかもしれない。 「まだ、肩が上がる今のうちに…」 そんなことを考え、鎖場のメッカ、妙義山に行くことにした。 6:34、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯綱山 2012.9.2

昨日、一泊二日で北アルプスの餓鬼岳を目指したが、雨と疲れで敗退した  いい歳こいたオッサンが、ガキとの水遊びに疲れ果て、退散したようなものだ  しかし、のどもと過ぎれば熱さも忘れ、満腹感だけが残る、ニワトリ脳の寝太郎 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

餓鬼岳 (敗退) 2012.9.1

金曜日、週末の天気をチェックした   信州がイイ感じの予報だった  行こう、アルプス  泊まろう、テン場  という気分になった。 しかし、夏休みの真っただ中なので、混雑のひどいところは避けたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥甲山 2012.8.19

  トリカブト山      毒々しい名前だ  そして、行程中最大の難所の名はカミソリ刃  脅しグッズの定番「カミソリ刃」に、最強の毒草「トリカブト」   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more