月山 2020.7.24



新型コロナウイルスの第二波が東京に来ている。

STAY HOMEしないといけない。

が、寝太郎はお家での遊び方を知らない。

なので久しぶりにブログを書くことにした。

画像1.jpg



寝太郎ブログのテーマは登山である。

なのでまずは山へ行かねばならない。

唯一の晴れ予報だった山形県の月山に向かった。

画像2.jpg



前日の昼に突如思い立った山行である。

登山口まで距離は400kmもある。

不要不急の外出なのに、不眠不休で大急ぎのドライブとなった。

6:09 姥が沢登山口出発。

gassan1.jpg



朝露でぬれた木道はツルツルだった。

コロっとナらないよう慎重に進んだ。

gassan2.jpg
ころぶな!




7:06 牛首の手前の湿原到着。

STAY HOME の時は、山岳写真で心を癒している。

しかし、やはり天然の眺めは格別だ。

開豁な眺望にココロがワクワクした。

gassan3.jpg
牛痘で天然痘を予防したように、コロナワクチン開発希望!




牛首でリフトからの登山道と合流。

登山者数が急増した。

300人を遥かに超え、登凶アラート発動レベルである。

ソーシャルディスタンスを確保しつつ進んだ。

gassan4.jpg



雪渓を過ぎると、勾配も急増し涼しさも失せた。

大量発汗しつつ登った。

P1070404.JPG
汗腺拡大




急登を過ぎると、石垣とお地蔵様があった。

宗教施設の遺構のようだ。

月山を中心とする出羽三山は密教の聖地。

略して三密なのである。

gassan6.jpg



9:26、山頂台地到着。

ピークの月山神社が見えた。

三密状態の人だかりも見えた。

gassan7.jpg



9:48、頂上(三角点)到着。

想像以上の三密であった。

即、退散。

gassan8.jpg
密閉じゃないから二密かな。




雪渓まで降りた。

振り返ると続々と三角点に向かう人々がいる。

これはいけない。

クライマークラスターが発生するぞ。

新しい登山様式を検討する必要がありそうだ。

gassan9.jpg



とても古くさい 伝統的な登山様式の方と遭遇。

新しい登山様式をオススメしたいところである。

gassan10.jpg



古式ゆかしい登山様式の方々と遭遇。

「六根清浄~、六根清浄~」と祈りを捧げている。

しかしコロナの厄介なところは無症状感染者の存在だ。

「根絶無症状~、根絶無症状~」と祈ってほしいぞ。

gassan11.jpg



ピークを少し外れたところで休憩。

gassann12.jpg
時差出勤ならぬ場差休憩




10:43 下山開始。

gassan12.jpg
コロナ第二波も早くピークアウトしてね




三密…

gassan13.jpg



散逸…

(石の隙間にキャップを取られました…)

gassan14.jpg



雲満つ…

(ガスってきました…)

gassan15.jpg



12:52、下山。

下界は陽光燦燦で、SUN満つであった。

gassan16.jpg

23:00、新型コロナウィルスが満ちる東京に帰宅。

そして連休後半はしっかりSTAY HOMEできた。

やっぱブログを書いてると、時間の経過が早い。

GO TO 解禁までは、こんな感じで過ごそうと思った寝太郎であった。



"月山 2020.7.24" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント