斜里岳 2018.6.10



斜里岳にやってきた。

困った名前の山である。

「シャリだけ=(寿司)ネタなし」

なんだかネタを禁じられた感じがする山名ではないか。

普段、山でのネタを記事にしているネタ郎。

ネタを書かないなんて、ありえない。

なので「シャリだけ」の記事は、敢えて「ネタだらけ」で書こうと思う。

7:15、そんな訳でコハダ寒い清岳荘を出発。

画像




まずは林道。

林床は一面の緑だ。

サビたっぷりのカッパ巻きのようであった。

画像




半透明のサンカヨウ。

瑞々しいと透明になるらしい。

それって、ケンサキイカかよう。

画像
はなびらイカかいな?




スノーぶりッジに、アナゴが発生していた。

ネタ郎の体重は十八貫で、そんなに重くない。

イクラなんでも落ちないだろう。

それでも手に汗をニギリ、慎重にぶりッジを渡った。

画像




スノーぶりッジを越えると、空からひかりものが差してきた。

雲がトリ貝して、頂上がチラシと見えた。

頂上部は樹氷で山芋軍艦のようになっていた。

画像




8:16、二股到着

真っ直ぐが旧道、右が新道である。

降りてくる人が旧道は危険と言っていた。

なのでネタ郎は、間髪入れず右に進行!

(分かりにくいけど最後に、カンパチとウニとシンコを入れてます。)

画像




しかし新道にも危険はあった。

トロ(登路)にはみ出た木に頭をバッテラ。

脳味噌汁がこぼれる板さんでした!

画像




前日の悪天候でハイマツが凍っていた。

「エビのシッポ」である。

と書ければ、ネタ郎には好都合である。

しかし、樹氷にエビの要素は全くなかった。

ガリガリに凍ったウニのようであった。

画像




9:10、熊見峠到着。

クマノミ峠ではない。

またクマノミは魚だが、寿司ネタでもない。

出鱈目なネタ郎なのであった。

(タラの寿司なんてあったかなぁ?)

画像




熊見峠から、気持ち良いハイマツの道を進んだ。

ネタ郎はハイマツの脂の香りが大好きである。

余談だが、脂の乗った大トロはもっと好きである。

画像




新緑と雪渓の眺めが広がった。

カリフォルニアロール、あるいは一口食べためはり寿司のような色合いであった。

画像




10:06、上二股到着。

ここからタイやヒラメのような道を進んだ。

竜宮城ではなく、タイやヒラメの白身のような雪の道だ。

画像




もう、梅雨前線の時期である。。

しかし桜前線もここにマダイた。

画像




10:37、馬の背到着。

もうアガリが近いぞ。

画像




10:55、頂上へクルマエビ!

画像




頂上からオホーツク貝と北の大地の眺めが得られるのを寝て待った。

しかし、北側の眺望はなかった。

「見えタラバガニ・・・・・」

そんなイナリは天に通じなかった。

太陽がニシンで見えた。

画像




イクラ待っても、オホーツクのウニの眺めは見られず。

もうマテ貝。

13:00、下山開始。

画像




登りと同じ道をシャコシャコ下山。

15:09、清岳荘に到着。

清岳荘のえんがわ(テラス?)から、オホーツクのウニが見えた。

画像




下山後、斜里岳の姿をかえりみた。

ネタ的には愛想のいい山姿が望ましい。

「オアイソ!」でシメれるからだ。

しかし、斜里岳は凛とした美しい姿の山であった。

画像
クールビューティー系




知床に向かう間、斜里岳はずっと姿を隠さず、美しく聳えていた。

夕暮れに消えてしまうで、美しい斜里岳の姿をアジわい、寝太郎はこの日を終えた。

画像



この記事へのコメント

ポンちゃん
2018年06月17日 22:49
こんばんは、寝太郎さん
撮り甲斐(トリ貝)のある雌阿寒岳
巻きで登った摩周岳
斜里岳のネタをばっシャリ!切ってやろうと思いましたが、此方のネタが尽きました(^^;)
ネタの尽きぬ脳味噌をお持ちの寝太郎さんが羨ましい
2018年06月18日 07:40
ポンちゃん、おはようございます。
コメント、見事なダジャレ捌きです!一本取られました。(撮り甲斐は盗みたいです。)
脳味噌をお褒め頂き嬉しいです。本当はサラっと笑えるくらいの記事が理想ですが、変なところで凝り性なもんで…
どうせなら花やランに凝りたいものです。

この記事へのトラックバック