大吉山 2018.4.28



GW前半の3連休。

寝太郎は実家(大阪)に帰省した。

しかし親と顔を会わすと、「結婚はまだか?」とうるさいので、まっすぐ帰るのは気が引ける。

宇治観光で時間をつぶすことにした。

画像
平等院鳳凰堂




最近、かなり頑張って婚活している寝太郎。

しかし、親に伝えるほどの成果を挙げるには至っていない。

「とりあえず神頼みしとこ!」

そんな思いで、平等院の拝観券売場に並んだ。

すると、目の前の夫婦がラブラブ写真を撮り始めた。

画像




入館すると平等院鳳凰堂は午後の日差しを背に輝いていた。

そこへ向って寝太郎は良縁祈願した。

すると今度は、カップルがラブラブ写真を撮り始めた。

画像
あなた方、きっと良縁で結ばれるよ!




しっかり抱き合いラブラブの男女。

実家に帰りづらくブラブラする男。(←私)

この差はなに?

神よ、こんな社会格差は許されるのでしょうか?

不平等院 超横暴 じゃないですか?

画像




平等院で不平等。

そんな矛盾に耐え切れなくなった寝太郎。

平等院を脱出し、上宇治神社に向った。

すると道中、さらに許せぬ男を発見した。

それはこの男である。

画像
”STAR LIGHT” by 光GENJI




男の名は光源氏。

京と宇治で、恋に生きた男だ。

寝太郎と正反対の生き様。

羨ましい、いや恨めしいぞ!

画像




これまで見かけたラブラブ野郎どもは、とりあえず1対1だった。

お相手への一途な愛が、寝太郎にも伝わってきたぞ。

しかしである。

この男は老若遠近の見境なく、恋に乱れ咲いた男なのだ。

画像
「ヒカルゲンジ」という花




藤壺とか紫の上との関係なんてね。

立派な犯罪ですから!

画像
平等院の藤棚




あー、気分悪っ!

乱れ咲いてんじゃねえよ、光源氏。

寝太郎なんて、このまま孤独死かもしれんのだよ。

ツボミのまま死にたくねぇ~

そんな切なる願いに応えるかのような山が眼前に現れた。

大吉山だ。

画像




早速、登ることにした。

画像




ラブラブの老夫婦。

あやかりたいねぇ!

画像




サングラスがペアルックの外人カップル。

見習いたいねぇ!

画像




しっかと抱き合う高校生カップル。

そのまま添い遂げろよ!

(ウソ、こいつらは許さん!

少年が抱いていいのは 女子 大志だけだぞ。)

画像
パパラッチ寝太郎のスクープだ!




そして大吉山到着。

画像




頂上のケルンに祈りを捧げた。

寝太郎に大吉が訪れますように…

あっ、大吉と一緒に華丸が来そうですが、そうじゃないですよ…

華嫁が来ますように…

画像


下山後、実家へ着いたのは18:30。

いつも18:00には晩飯を食べている両親に「到着が遅い!」と怒られた。

おかげで「婚期が遅い」という、いつもの怒りは避けられた。

大吉、大吉!

(って、ちがうでしょ!)


この記事へのコメント

ポンちゃん
2018年04月30日 22:34
こんばんは、寝太郎さん
九州弁、出ましたね~
良かろうもん!
今宵はここらで良かろうかい!?
光源氏がウマラヤシカ、ポンでございました(笑)
2018年05月01日 07:10
ポンちゃん、おはようございます。
嫉妬の場面で九州弁を出すのは気が引けましたが、「ヨカ」が一番ハマる気がしました。せごどんの影響かもしれません。
光源氏を非難しましたが、やはり美貌と才能と出自のすべてを有する光源氏は羨ましいですよね。同意です。

この記事へのトラックバック