平治岳 2017.6.2



ミヤマキリシマを見るため平治岳へやって来た。

大分に住みだしてから、6月1週目は必ず平治岳に登っている。

今年でもう4度目なのである。

「日光見ぬバカ、二度見るバカ」という。

四度見るのはスーパーハードバカであろう。(そのココロは「フォーー!by HG」)

しかし、銭形平次曰く

男だったら一つに賭ける~♪

バカの一つ覚えと言われようとも、今年も登るのだ。

そんな、銭形気分で平 治岳へやって来た。

5:30、男池出発。

画像




男だったら一つに賭けるのだ。

そして、もつれた謎を解くのだ。

平次親分にかかっては、隠れても無駄なのである。

5:50、かくし水発見。

こそこそ隠れるんじゃねぇ、この野郎!

平治気分の寝太郎。

小銭をぶつけておきました。(ウソ)

画像




6:08、ソババッケ到着。

誰が呼んだか?

誰が呼んだか?

ヘンな名前のソババッケ。

この謎は平次親分にも解けないのである。

画像


ソババッケまでかなり速いペースで来た。

花の大戸越は超混雑が予想されるからだ。

808人くらい登山者がいるに違いない。

休憩せずに先を急いだ。



6:46、大戸越到着。

花の大戸越は80800輪であった!

画像
登山者もも88人くらいいました。




今日もキレェのぉ~♪

画像




今日もキレェのぉ~♪

画像




紅がぁ富むぅ~~~♪

画像




ちゃんちゃらっちゃ らっちゃらっちゃ♪

画像




ちゃんちゃらっちゃ らっちゃらっちゃ♪

画像
7:19、平治岳到着。




平治岳西尾根のミヤマキリシマを散策。

まだ5~6分咲きだが、いい眺めである。

しおれた花がないので、宝石のように色鮮やかなのだ。

これが、ルビーや赤珊瑚なら、ルパン三世に狙われるかな?

そんなことを考えつつ散策した。

画像




するとそこにルパン一味が現れた!

五右衛門、次元がいるではないか。

さらに、峰不二子も現れたぞ!

「タイホする~~!」

画像




というのはもちろんウソ。

何度か同行させていただいている山の先輩方に遭遇したのである。

いーさん(石川五右衛門)、ひげさん(次元大介)、ママさん(峰不二子)のお三方である。

タイホしたり、銭を投げたりはせず、「先日はお世話になりました。」と挨拶した。

画像
それにつけてもお花は平治




そんな出会いもありつつ1時間ほど花観賞。

十分満喫し、大戸越に向かった。

画像




実は本日、平治岳にだけ登って帰る計画だった。

明日、雲仙に遠征する予定だからだ。

しかし遠目にもピンク色に見えた三俣北峰や北千里付近の斜面を近くから眺めたくなってしまった。

三俣山に向かうことにした。

画像
大戸越から東へ




9:22、坊がつる通過。

画像




坊がつるから三俣山の登りに取り付いた。

これがなかなかキツい。

写真撮影を言い訳にひと休み。

画像
ドウダンツツジとミヤマキリシマ




写真撮影を言い訳にふた休み。

画像
またまたドウダンとミヤキリ




写真撮影を言い訳にさん休み。

画像
中岳北面とミヤマキリシマ




さん休みしたが、まだしんどい。

産休に入りたい程しんどい。

しかし当たり前だがここで産休なんて取れる訳がない。

「男だったら 資格に欠ける~」のだ。

そんなオメデタいことを考えながら、急登をヨタヨタ進んだ。。

画像
また同じような写真で休憩




なんとか南峰にたどり着いた。

目指す北峰には、お鉢を巡らねばならない。

三俣山のお鉢は、寛永通宝みたいに平らじゃない。

銭形ではなく、さすまた形だ。

一旦下って、北峰の桃色地帯へ向かった。

画像
三俣山頂上部。矢印が桃色地帯




????????

かなりつらい思いをして桃色地帯までやって来た。

しかし近くで見ると全然ピンクじゃない。

平治岳から見たときはピンクだったのに…

なぜだろう。

銭形のガサ入れを察して、ピンクのサロンツボミを閉じたのかな?

訳がわからない。

男だったらもつれた謎を解かねばならない。

しかし、この謎は解けなかった。

ん~、不思議。

画像
銭形金太郎の出演者のように乏しいミヤキリ




11:40、三俣本峰到着。

画像




三俣山南面のミヤマキリシマも銭金状態(ビンボー)。

画像




そしてここで我がカメラ(スマホ)もビンボーに…

電池切れしてしまいました。

画像
三俣西峰の東尾根




12:35、法華院温泉で昼休み。

平治岳のみで帰る計画だった寝太郎。

昼ご飯を持ってないので、明治のカールで空腹をごまかした。

ああビンボー。

そして15:36、大戸越を通って男池に帰還。



寝太郎が銭形平次を見たのは小学生時分。

「毎回小銭を投げて、大丈夫かなぁ。」

子供なので、そんなアホな心配をした記憶がある。

銭形気分で歩いた寝太郎。

小銭は投げなかったが、40年前の心配が的中した。

なんだかビンボーな思いで終わってしまったのだ。

なので今年もう一度平治岳に行こうと思う。

次はHEIDI気分で行くぞ!

(でも、HEIDI一家も決して裕福ではなかったような…。そして念のために言うと平治の読みは「ひいじ」。「へいじ」ではありません。)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

風来坊
2017年06月06日 02:45
根太郎さん、おはようございます。
三俣まで往復の翌日には雲仙と、八面六臂の大活躍の週末だったようですね。
空気のように軽いカールがお昼とはお気の毒で・・・。
でも、関東方面では今後食べれなくなるそうなので、もし関東方面に転勤されたら貴重な写真になるかも(笑)
ところで今週も九重でしょうか?
2017年06月06日 13:05
風来坊さま、こんにちは。
行きしなに寄ったスーパーでカールを見つけ、思わず買ってしまいました。お昼が安く済んで良かったのですが、腹が減り晩飯を長崎で鯨飲鯨食し散財してしまいました。今週は遠出せず九重に知人案内登山です。

この記事へのトラックバック