涌蓋山 2017.5.27



もうすぐ6月だ。

6月といえば、The month of ”HANAYOME” である。

しかし大分では、The month of ”HANAYAMA” だ。

ミヤマキリシマ鑑賞月間なのである。

そこで開花状況の偵察に涌蓋山にやってきた。

画像
上記はウソ。大分でもジューンはブライドです。




9:20、九重森林公園スキー場のラグビー場出発。

寝太郎はラグビーのゴールからトライを連想した。

ラグビー → トライ

さらに連想が続く。

トライ → 挑戦

挑戦 → 朝鮮

んっ、朝鮮?

朝鮮 → ICBM ではないか。

深山霧島の偵察なんかしてる場合か?

朝鮮半島の偵察に努めるべきではないか?

(今)
C(調査すべきは)
B(爆弾だ。)
M(ミヤマキリシマじゃない!)

画像




なんてことは、ちっとも考えない寝太郎。

ICBMなんて肉眼では見えない。

予定通りミヤマキリシマの偵察に向かうのであった。

画像
大陸間弾道弾よりドウダンツツジ。
ドウダンツツジよりミヤマキリシマ!




一目山中腹(標高1200m)の開花度は40%であります!

画像




9:42、一目山到着。

一目千本ツツジを期待したが、ピンク色はわずかであった。

画像




ミソコブシへ向かうと、ミヤマキリシマが増えてきた。

花つきも悪くない。

葉にもツボミにも異常はない。

いまいましいシャクトリ虫の姿もない。

ここまで順調に来ているようだ。

画像
これも適当。天道虫が尺取虫を捕食するのかは不明




林を抜けて平地に来た。

この辺りは開花度50%。

偵察とはいえ、十分にお花見が楽しめる眺めであった。

画像




ミソコブシへの登りが始まる地点。

この辺りも開花度50%。

画像




10:39、ミソコブシ到着。

画像




牧場の道を涌蓋山に向かった。

この辺り、ミヤマキリシマは少ない。

美しいミヤマキリシマも、牛にとってはただの美味しいハッパなのだろうか?

画像
写真右下の斜面のピンクはミヤキリ
芝桜のように地面を這って生育




涌蓋山への登りに入った。

この辺りも、ミヤマキリシマは少ない。

アセビだらけであった。

画像




11:25、女岳通過。

涌蓋山の頂上部が現れた。

ピンクのぼんぼりが1つ見える。

画像


この眺めをゴレンジャーになぞらえてみた。

春紅葉のアセビがアカレンジャー。

空には無数のアオレンジャー。

山肌にも1000人くらいのミドレンジャー。

本日主役のモモレンジャーは1人。

キレンジャーはサボっているのか姿がない。

枯れ笹の斜面はなにレンジャーだろう。

茶色なので"チャ"レンジャーかな。

チャレンジャー→挑戦者→朝鮮…

あっ!

そうだ、ミヤマキリシマの偵察なんてしてる場合じゃない。

(いきり立つ)
C(朝鮮の)
B(武装解除を)
M(目指せ!)



なんてことは、ちっとも考えないネタレンジャー

11:36、涌蓋山到着。

画像
連想のとめどなさは、ばんばらばんばんばんっ♪




山頂は通過し、はげの湯方面のモモレンジャーの様子を偵察。

標高1400m付近は開花度30%。

画像
どちらかと言うとミドレンジャー




偵察を終えたネタレンジャー。

再び山頂に戻った。

そして九重主峰群を眺めつつ昼飯を食った。

視界の片隅に、人影が映った。

「あっ、キレンジャーがいた!」

画像




キレンジャーはおった。

そやけど黄レンジャーとちゃうかった。

「畿」レンジャーやった。

画像
大阪からのレジャー客かな




1時間ほど休んで下山開始。

画像




今日は空気が良い。

久住山の眺めも良い。

阿蘇山も外輪山までくっきり見える。

祖母山も猟師山の向こうにちょこんと顔を出している。

霧島山、開聞岳が見えれば、九州本土の百名山すべてが一望だが、さすがにそこまでは見えなかった。

画像




みそこぶしは巻き道を利用。

牧場地である巻き道の周辺には、背の低いミヤマキリシマが点在していた。

このあたりは開花度80%。

大きな株より、花を咲かせるパワーが少なくて済むのかもしれない。

画像
大男総身に知恵が回りかね、かな?




全般の開花度は40%くらいだったが、満開の株もあった。

画像
大男総身に知恵が回ると無敵なり!




14:55、ラグビー場に帰着。

快適な草原の旅であった。

偵察結果も良好で、JUNE BLOOM の期待がふくらんだ。

画像




下山後、阿蘇に転進。

仙酔峡のミヤマキリシマも偵察した。

こちらは花期が終わっていた。

画像
偵察とはいえ満開も期待してたのに…




とりあえず、九重では虫害や噴火被害も見られなかった。

例年通りの花つきが期待できそうだ。

今回の偵察結果からすると、平治岳や北大船の見頃は6月7日前後ではなかろうか。

画像


いにしへの 山のミヤマの キリシマや
 けふここのへに 匂いぬるかな~


そんな期待のまなざしで九重連山を眺め、偵察行を終えた。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

風来坊
2017年05月29日 11:09
こんにちは、寝太郎さん。
早速、ミヤマキリシマの調査に入ったんですね。
しかも九重と阿蘇。
もしかして日曜は雲仙とか・・・。はたまた霧島か。今週末も天気が良さそうです。楽しんで下さいませ。
ポンちゃん
2017年05月29日 21:30
こんばんは寝太郎さん
ミヤマキリシマ特命課長就任おめでとうございます。
読者にとっては開花情報ほどありがたいものはありません。
最近短歌ブームですね。(^o^)
でも、今日ネタをパクってしまいました。
許してちょんまげ~^^;
2017年05月29日 23:24
風来坊さん、こんばんは。
花より団子の寝太郎すら、蝶のように舞い踊りフラフラワー状態になってしまうミヤマキリシマ祭りの始まりです。日曜日は機会を逃してしまいましたが、調査結果は満足のいくものでしたので、来週、再来週、できればその次まで楽しむ所存です。
2017年05月29日 23:39
ポンちゃん、こんばんは。
つつしんで特命拝任いたします。本当は「社長 霧島耕作」を名乗りたいところですが、社長になると山に行ってばかりじゃまずいので、やはり「サラリーマン寝太郎」で行きたいと思います。
なお、ネタのご利用は大歓迎です。山遊花の品格を落とさぬ程度にご利用下さい。

この記事へのトラックバック