久住山 2016.5.21



金曜日、職場の飲み会があった。

我らのボスが、「明日はゴルフだよ…」と、苦渋の表情で言った。

「久々のプレーなので、同伴者に迷惑かけそうで…」

それが、苦渋の表情の理由であった。

我らのボスは、謙虚でマナーがいいのである。

一方、無根拠でテキトーな物言いの寝太郎。

「大丈夫ですよ。きっとイ・ボミみたいに可愛くて優しい同伴者ですよ。」

そんないい加減な言葉を返した。

画像




ボスに心の中で詫びた。

「ボス、すみません。

苦渋の表情を浮かべておられるのに、何のお力にもなれません。

なぜなら小職、明日は九重の頂上だからです。

せめてものお詫びに、お供してるつもりで歩きます!」

そんな訳で、ラウンド気分で九重へやってきた。

画像




9:42、長者原出発。

ずいぶん遅い出発だ。

二次会をブッチしたくせに、二度寝をブッコいたからだ。

意味ないじゃん。

画像




急いで山中に入って行った。

山はみどりに溢れていた。

「ボスの同伴者はイ・ボミちゃんでしたか?

小職の同伴者は(米)山みどりさんであります!」


画像




10:34、雨が池通過。

九重はそろそろミヤマキリシマの季節を迎える。

「ボスの同伴者は可愛いイ・ボミちゃんでしたか?

小職の同伴者は可愛いツ・ボミちゃんであります!」


画像




11:03、坊がつる通過。

ここまでミヤマキリシマを観察しながら歩いてきた。

今年は沢山咲きそうな感じだ。

天敵の尺取虫を一匹も見かけなかったからだ。

「今年は山の”上が桃子ちゃん”のはず!」

そんな期待をこめて平治山を見上げた。

画像
でも、矢印付近は遠目に茶色でした…




11:40、法華院山荘到着。

ベンチで帽子を脱いだら、尺取虫がいた。

寝太郎の頭周りの尺を取っているようだ。

どうも今年の尺取虫はミヤマキリシマに興味がないらしい。

わがヘッドサイズの方に興味があるようだ。

しかし、尺取虫よ。

わがヘッドの取柄は、サイズよりスピードにある。

高速回転するヘッドから繰り出されるマシンガン駄洒落のスピードを計測してほしいぞ。

画像
駄洒落つまんなくて尺が足りないよ~




一休みした後、鉾峠から白口岳へ向かった。

昨年はこの辺り尺取虫が跋扈し、おぞましい状況だった。

「九州アルプス一万!」だったのだ。

覚悟を決めて、登りに取りついた。

画像




覚悟は無用だった。

尺取虫は全然いない。

いやぁ~、ラーン ラランラ ランランランだぜ!

アルペン踊りを舞いつつ、白口岳へ登った。(ウソ)

画像
葉も蕾も被害なし!




なぜ激減したんだろう?

シャクトリムシトリムシが大発生したのかな?

シャクトリムシトリトリが飛来したのかな?

ひょっとして地震で避難?

鏡よ、鏡よ、鏡さん。

今年こんなに尺取虫がいないのはなーぜ?

画像




13:47、白口岳到着。

画像




ここから久住山に向かう間も、尺取虫は皆無だった。

ツ・ボミと大船山。

画像
尺取虫被害なし




その先も、ノーシャク。

ツ・ボミク・ボミと久住山。

画像
尺取虫被害なし!




あぁ~、山は楽しいなぁ。

いや、楽しんでばかりでいいんだっけ?

あっ、ボスのことを忘れてた。

「ボス、そろそろホールアウトなさいましたか?

小職もお約束の通り、ラウンド気分で歩きます!」


画像




天狗ケ城から久住山は、右&左ドッグレッグで超打ち上げの難ホール。

左の極深バンカーに入れたら絶対出せない。

注意していきます!

画像



15:23、久住山到着。

ボスはもうホールアウトした頃だろう。

「ボス、93切りましたか?」

画像
寝太郎は100を切ったことなし。




久住山から星生岳は、超打ち下ろしの後、超打ち上げ。

さらにフェアウェイが尖がり、両サイドに切れ落ちているという異常にトリッキーなホール。

また、この時間だと日没サスペンデッドにも注意だ!

画像




16:10、星生岳到着。

星生岳から北千里は、スーパーウルトラ左ドッグレッグの超ロングホール。

フェアウェイを忠実に辿るとパー∞である。

画像




しかし、2打目を硫黄山越えに打ち北千里グリーンに落とす超ショートカットショットがある。

寝太郎は慎重に球筋を読み、ショートカットの2打目を打った。

画像




ナイショー!(ナイスショット!)

画像




ナイショー!(内緒?)

画像




そして、最終ホール。

右上に見える広い長者原グリーン。

それに向かって、なだらかに打ち下ろすフラットなホールだ。

フェアウェイの彩り豊かで、この時期ピカイチのホールである。

ナイショー!

画像




ナイショー!

画像




18:12、長者原ビジターセンター到着。

画像


ボス、ラウンドお疲れ様でした。

同伴者の迷惑にはならなかったですか?

もし、迷惑をかけたなら、毎週ラウンドしてゴルフ勘を取り戻してください。

小職も来週も連続して、九重をラウンドしてしまいそうです。

ひょっとしたら再来週もラウンドするかもしれません。

(小職が「サ・ボリ」になってしまって、ボスに迷惑をかける気がしてきました…。)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

風来坊
2016年05月23日 15:47
こんにちは、グリーンの九重を堪能されたようですね。最近、ゴルフから遠ざかっていますが、その風来坊でもわかるように相変わらず面白い話に仕立てていただき感謝します。
ところで、今年の九重は皆さん「虫がいない」とレポされていますね。
もしかしたらこれから虫が大きくなって目立ってくるのではと心配症の風来坊は思ってしまいますが、今週、来週とぜひ足を運んで経過をレポして欲しいものです。
最後の良いとこだけいただきたい風来坊より(笑)
2016年05月23日 23:13
風来坊さま、こんばんは。
この時期の九重は昨年・今年しか知りませんが、尺取虫の減少ぶりは、尋常でないです。とにかく明るい安村以上に楽観的な寝太郎は、今年のミヤマキリシマの繚乱を確信しております。
「安心してください!咲いてますよ!」
天気と地震次第ですが、そんなレポートを続行したいと思います。
けいこたん
2016年05月24日 19:32
寝太郎さん、こんばんは!
くじゅう!いいですねー!
情報、ありがとうございます。
シャクトリムシのいないミヤマキリシマ、咲き揃ったら見事でしょうね。
今年はシャクトリムシ無視した写真をお願いします。

くじゅうなら山でゴルフもできるのですか?(カマトト発言(*^^*))
あ、娘がカマトトって何?って聞いてきました。(≧∇≦)
ポンちゃん
2016年05月24日 21:22
こんばんは
今回の記事は、いつもよりなんだか軽くて面白かったです。(いつも面白いのですよ!念のため)
深いバンカーから這い登って山頂を目指したポンちゃんでした。(笑)
2016年05月24日 23:45
けいこたん様、こんばんは。
今年も平治山に行くと思いますが、しゃくとりむし無視すると誓います。って言うか、しゃくとりむし撮りしようにも、しゃくとりむし無しのはずなので、しゃく撮れなしに終わると思います。
そしてミヤマキリシマンマンな一日を過ごしたいと思います。
2016年05月24日 23:57
ポンちゃん様、こんばんは。
鋭いですね。
今回は、書く内容がほぼ山中で出揃っていたので、サラッと書けました。一番苦労したのは「ボス」の絵をマウスで書くところでした。最近写真編集ソフトを変えたので難儀しています。ポンちゃん様もブログサービス会社を変えられましたが、お互い早く慣れて良い記事づくりをしましょうね。

この記事へのトラックバック