由布岳 2015.12.12



夏が来ると私は思い出す。

はるかな尾瀬と遠い空を…。

画像
尾瀬ヶ原と燧ケ岳




夏が過ぎ、秋も去り、冬が来た。

フユが来ると私は思い出す。

ユフ岳を…。

(ダジャレじゃねぇかっ!)

画像
昨年11月のの由布岳です。
尾瀬の燧ケ岳と似てない?




そんな訳で由布岳にやってきた。

季節外れだが、「夏の思い出」で記事を進めます。

フユが来れば思い出す~

はるかな由布 遠い空~


画像
本日の由布岳です。




霧の中に浮かび来る~

画像
朝霧の名所の狭霧台(霧、無ぇ~)




やさしい影、野の小径~

画像
山麓の猪の瀬戸湿原。




水芭蕉の花が咲いている

夢見て咲いてる水のほとり


画像
ここも猪の瀬戸湿原。
水芭蕉の生息は未確認。




赤銅色に たそがれる~

はるかな由布 遠い空~


9:09、南登山口出発。

画像
正面は飯盛ケ城です。




9:43、合ノ越通過。

画像
夏の尾瀬より賑やかでした。




爆破すれば思い出す~

遥かな阿蘇~ 口ノ永部~


画像
今年は噴火が多かったなぁ~。
これは噴煙でなくて、ガスですが。




霧の中に登り来る~

ガスかな由布~ 白い空~


画像
中腹でガス層に突入!




幹に霧氷の華が咲いてる

夢見て咲いている マタエのほとり~


画像
10:37、お鉢の一角のマタエ到着。




乳白色に たそがれる~

目前のユフ~ 東峰の空~


画像
もう頂上です。




10:55、由布岳東峰到着。

ミズバショウの花に包まれたように真っ白であった。

画像


しかし本日の予報は、午後から晴れである。

晴れるかなユフ~ 青い空~

飯を食った後、ひと眠りして晴れ間を待った。



時折、晴れ間が垣間見える。

しかし、晴れ渡ることはなかった。

もうすこし時間を稼ごう。

12:14、西峰へのお鉢巡りに向かった。

画像




お鉢巡りというには、激しいアップダウンであった。

由布岳のお鉢は、どんぶり鉢じゃなくて擂鉢であった。

画像
火焔土器の鉢?




13:07、由布岳西峰到着。

こちらもミズバショウの花に包まれたように真っ白であった。

眺望はあきらめ、下山することにした。

画像




ガスの頂上で残念だった。

しかし、冬の山らしいと言えなくもない。

冬山シーズンに突入したのだと、前向きに捉えよう。

画像
フユにI N!




14:27、南登山口に降りてきた。

ここが一面の雪に覆われたら素晴しいだろう。

歩くもよし、眺めるもよし、滑るもよしである。

たくさん雪が積もりますように…

画像




そんな願いを抱きつつ下山。

そしてクルマ屋さんに行って、冬タイヤに履き換えた。

早く来い来い厳冬期!

画像
こんな風になったら最高!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年12月15日 19:17
こんばんは
『本日の由布岳』この写真は、まるで尾瀬ヶ原から見た燧ケ岳のようですね♪~
似ていても尾瀬の至仏山&燧ケ岳は、火焔土器のような稜線や、難所がないのは似ていない点かもしれませんね♪~
尾瀬でも今頃は、ご覧になられたような、綺麗な霧氷の華が咲いているかもしれませんね♪~
2015年12月15日 21:47
リッキー様。こんばんは。
燧ケ岳と由布岳は、ともに双耳峰&独立火山で山容は結構似ています。
しかし冬の積雪量は全然似ていません。
燧ケ岳と同じくらい由布岳に雪が積もらないかなぁと、水のほとりに咲く水芭蕉のように夢見る寝太郎であります。
けいこたん
2015年12月15日 23:54
由布岳の山頂ではもう霧氷が見られたのですね!びっくり!
今年は暖冬なので山が白くなるのが遅いみたいですね。特に九州は雪の量が少ないので、スキーがお好きな寝太郎さんは、うずうずされてることでしょう。
ネットで燧ヶ岳の写真を見ていたら、くじゅうの蓼原湿原と由布岳を合成したようなのもありました。びっくり(≧∇≦)
この記事の最後の写真は最初の写真のところの雪景色ですか?

ふーゆよ、こい、はーやく、こい!
2015年12月16日 00:26
けいこたん様。こんばんは。
火山地形は似るのかもしれませんね。私は初めて坊がツル湿原を見た時、「ミニ尾瀬だ!」と思いました。
記事の写真は1枚目が至仏山から見た尾瀬ヶ原と燧ケ岳、最後は逆に燧ケ岳から見た尾瀬ヶ原と至仏山です。
スキー好きには天国の山々ですが、花を愛するけいこたん様にとっても天国の山々であります。
ポンちゃん
2015年12月17日 21:54
こんばんは、寝太郎さん
グレートトラバースさんの前日の登山だったのですね。それでも登山者が多そうですね。
12月に入り山に行くチャンスがめっきり少なくなって、霧氷が霧氷(無性)に見たいと思う今日この頃です。
山の知りあいから、宝満山から英彦山までの峰入り道を何日かに分け繋いで歩きませんかとお云うお誘いがあり、来年1月から5回ぐらいに分けて歩くことになりました。もしお暇だったら部分的にでも参加なさいませんか?最終日(3月末ごろかな)は、斫石峠から英彦山行者堂でゴールです。
2015年12月17日 23:52
ポンちゃん様、こんばんは。
峰入り道のお誘い有難うございます。ぜひ参加させて下さい。古処山・馬見山が未知の領域ですので、その辺りにお邪魔したいところですが、どこか日程が合うところで参加させていただければと思います。楽しみです。

この記事へのトラックバック