越後駒ケ岳 2012.8.11 

えぶりさし岳に行くつもりで、家を出た。

東松山IC

藤岡JCT

高崎JCT

沼田IC     (ちょっと眠い…)

水上IC    (ゲロねむだ…)

関越トンネル (国境の長いトンネルを抜けると限界であった。)

土樽PA    (仮眠




国境での長いスイミンを抜けると、朝5時であった。

 寝坊である 

えぶりさし岳はまたの機会にして、越後駒ケ岳に登ることにした。



6:10、越後三山森林公園を出発。
画像}

公園の出口に、貼り紙があった。入山を思いとどまらせるための忠告だ。
「みなみうお ぬまいち」 と署名されている。
変わった名前で怪しい男の忠告だ。
得体が知れず、信用できないので、寝太郎は無視した 



画像

ぬまいち君の忠告は、ホントだった。
歩行者は通れたが、路肩が崩れ、車は通行不能だった。
ぬまいち君ゴメンネ 



画像

でっかい雪渓が残っていた。
オイオイ8月だぞ。
幸い、トンネルが通じていた。



画像

6:55、十二平登山口到着。
ここから、いよいよ本格的に山の中に入っていく。
ガンバルぜぃ 



画像

登り道は、陳さんのマーボドーフよりも本格的だった。 
急登につぐ急登につぐ急登だ。
そのうえ、右手がスッパリ切れ落ちたヤセ尾根だ。
おそるべき尾根である。
名付けて「怒り狂うガリガリ君」也 



画像

雪見の松。



画像

地図には、次に「人松」というポイントが記されている。
しかし、それっぽい松が沢山あってよくわからない。
人松?ペア松?



画像

人松?はげ松?



画像

バブル期の株価チャートのような急登の末、灌木帯に出た。
ここが人松だろうか。9:07だ。
バブルはまだはじけず、グシガハナまで見上げるような急登が続いてた。 



あえぎあえぎ、登った。
画像

9:53、グシガハナ到着 

かなり辛かったッス



画像

快適な稜線漫歩である。花は咲き、風が吹き抜ける。
………
がすですが 



画像

キスゲの花が咲き、雪渓の涼風が吹く。
花見に、雪見だ。
………
ガスですが 



画像

10:48、越後駒ケ岳到着 
グシガハナまでのスーパー急登のせいで、バテバテ&だった。



頂上には、4組の先着者がいた。
そのうち駒の湯から登ってきたという、オッチャンとお話した。
オッチャンは、マイナーコースで来た者同士みたいな連帯感を、寝太郎に感じているようだった。
寝太郎も似た者同士と感じていた。
オッチャンのリュックは、寝太郎の一番安物(\880-)のザックと一緒のモノだったからだ。

画像

しかしオッチャンは、パジャマみたいなシャツ&ジーパン姿だった。
そこは、似た者同士ではないけれど 
(寝太郎は一応、上下とも吸湿即乾素材を着用。)


なかなか、オモロイおっちゃんだったが、一番ウケたのは、このオッチャンだった。

画像


ポール牧が、頂上に祀られていた。



12:30、下山開始。
画像



名も知らぬ花が咲いてた。

画像



地元の皆さま、刈り払い御苦労さまです。
一生懸命刈って頂いたようで、大量の笹が登山道に散乱してました。
足がガクガクの寝太郎は、ツルツルの笹でこけました。
そして、5mほど滑り落ちました。 
おしりが、まっかっかでした。
画像



画像

時代の最先端を行くモデル「KAEDE」
季節を先取りだ。
まだ8月だけど、まっかっかでした。



怒りのガリガリ君尾根を下り、これまた季節外れの雪のトンネルに戻ってきた。
冷たいシャワーが快感じゃ。
画像

15:50、越後三山森林公園到着。
ひざガクガクの大爆笑状態だった 



帰り道、小出町の「こまみの湯」に寄った。
露天風呂から越後三山が見えた。
ゆったり湯船につかり、疲れを癒した。
そして、露天風呂で足湯しながら、体を冷ましてた

 そしたら、アブにケツ刺された。 

それも2か所(左右のホッペ

露天風呂には3人程、はだかの男がいたのに、なぜ寝太郎のケツだけが被害に遭ったのだろう?

アブさんよ。
寝太郎のケツは、そんなに魅力的だったのかい??
それとも、緊張感なく垂れ下がってたので、安全に刺せると思ったのかい???

画像

<


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック