おのぼり寝太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 古処山 2017.8.5

<<   作成日時 : 2017/08/06 19:32   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6



今日は筑後川花火大会を見に行く。

その道すがら古処山に登ることにした。

色鮮やかな花火とともに、極彩色のニシキキンカメムシを見る計画である

画像




10:49、遊人の杜出発。

「ゆうじんのもり」と読むのだろうか。

まさか「あそびにんのもり」ではないだろう。

ちなみに寝太郎の職場のモリさんはすごい働き者である。

モリさんはアリさんよりもよく働く。

寝太郎の2倍は働いている。

モリモリ働いているのだ。

一方で山に花火に遊びまわるキリギリス寝太郎。

後ろめた〜い気分で遊人の杜を歩いた。

画像
なお、モリさんは友人でなく上司です




とっとと遊人の杜を通過。

奥の院に向かって進んだ。

画像




しばらく進むとキツネノカミソリの群落が現れた。

ちなみに我が上司のモリさんは、カミソリのように光り輝く切れ者である。

そして、寝太郎はその威光にあやかっている。

モリの威を借るキツネ太郎なのだ。

またまた、後ろめた〜い気分になってしまった。

画像
モリさんのハタはラクなのです。




11:32、奥の院到着。

この辺りからニシキキンカメムシの生息地である。

光り輝くカメムシを探し出さねばならない。

ボケた老眼の寝太郎。

そんな眼で小さなカメムシを発見できるだろうか?

画像




最近は6と8と9の区別が困難で、よく間違い電話をしてしまう。

「もしもし」「誰よ?誰さんよ?」

そんなカメさんみたいな電話もしばしばだ。

自身がカメ ムシ さんなのである。

のんきにカメムシを探している場合だろうか?

AIが導入されたら仕事がなくなる候補No.1なのである。

AIより「ええEYE」がほしい。

そんなことをボヤきつつ岩場を登った。

画像




しかしである。

岩場の先でいきなりニシキキンカメムシの幼虫を発見した。

仕事は老眼だが、山では「ええEYE」だなぁ!

と思っていたら、老眼のせいか撮影がボケていた。

残念…

画像
下山後にボケボケ発覚




その後もカメムシを探しつつ進んだ。

11:44、屏山縦走路との合流地点到着。

画像




古処山頂部はニシキキンカメムシが住むツゲ林が続く。

注意深くカメムシを探し、ゆっくり進んだ。

画像
これはキンカメ虫でなくテントウ虫




山頂手前で二匹目のカメムシを発見。

しかし、これもボケていた。

老眼レフなのであった。

画像




結局、山頂までに発見したのはニヒキキンカメムシであった。

12:30、古処山到着。

画像




そして下山でもニヒキキンカメムシを発見。

注意深く撮影した。

これが一匹目。

画像




これが二匹目。

だんだん焦点が合ってきた。

画像




結局、ニシキキンカメムシの幼虫を4匹見た。

そこそこ「ええEYE」と言っていいだろう。

満足して遊人の杜へ下った。

画像




13:47、遊人の杜到着。

鮮やかなカメムシとキツネノカミソリを満喫した。

では、本日のメインイベントの花火大会に向かおう。

画像




古処山では「AI=ええEYE」と言ってヨシと思った我が老眼レフ。

花火大会では「アカンEYE」であった。

写真はすべて超ボケボケ。

だ〜めや〜!

画像
写真はBADだが花火はGOODでした



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ニヒキキンカメムシ、さすがです。
上手過ぎて気付かない人がいるかもと心配するほどです(笑)
高隈山に行かれていませんでした?
私も行きたいと思っている山だけに気になっています・・・。
風来坊
2017/08/07 00:55
私もニヒキキンカメムシにやられそうになりましたが、そこは寝太郎さんブログ。言葉をしっかり押さえて読まなくちゃです。
楽しさ倍増ですものね。
そんな寝太郎さんに是非「ええ愛」を!!
けいこたん
2017/08/07 12:34
風来坊さん、こんばんは。
7/30に高隈山に行きました。「気温がタカク、マ(いった)山」くらいしかネタが無く記事にできずにおります。風来坊さんと全く同じ「TV塔〜御岳〜大箆柄」のピストンでしたが、途中から雨に降られて眺望もなく「OH!NO!(がら)だけ」でした。
寝太郎
2017/08/07 22:48
けいこたん、こんばんは。
実は「これは誰も気づくまい!」と独りよがりなこだわりで書いている記事がいくつかあります。旁(つくり)が「毎」の漢字をすべて使用した記事とか、段落ごとの文頭をすべて「マ行」の音にしている記事などなどです。なにかそういう縛りがあった方が、記事が書きやすいです。変人ですね。「変しい変しい寝太郎さん」なのです。
「ええ愛」は遠い!
寝太郎
2017/08/07 22:58
こんばんは、寝太郎さん
古処においででしたか?
わざとピンぼけ写真をそろえたりと、ボケテクを駆使した記事はさすがと思いました。
カメちゃんは実物をご覧になっていかがでしたか?4回ぐらい脱皮するそうですが、「もうえーわい!」と言わず、何度でも起こしやす〜!
ポンちゃん
2017/08/08 21:04
ポンちゃん、こんばんは。
先日のポンちゃんと全く同じコースですかね。しかし、ベニシュスランやオオハンゲ(でしたっけ?)などは全く目に留まりませんでした。
4回は無理でも、一皮くらいはむけたいところです!
(なお、教えて頂いたナツエビネは再発見しましたが。未開花でした。)
寝太郎
2017/08/08 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
古処山 2017.8.5 おのぼり寝太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる