おのぼり寝太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 八郎岳 2017.5.5

<<   作成日時 : 2017/05/10 23:36   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4



キリシタン弾圧、鎖国、明治維新、近代工業化、そして被爆…

さまざまな歴史の舞台となってきた街、長崎。

それを一望する八郎岳へやって来た。

画像




頂上から長崎の街を眺め、その歴史に思いを馳せる。

それが今回の目的である。

普段は「いい汗をかいて、おいしいビールを飲む!」が目当ての寝太郎。

本日はちょっと高尚な心持で歩き始めた。

画像




途中、木に飲み込まれつつある標識があった。

「無断伐採は処罰されます 長崎市」とある。

画像




禁教令や鎖国令は、現行法制に照らせば、極めて苛酷で前時代的な法規である。

それに比し「禁伐採」は、自然保護の精神に則った穏当な規則である。

現代世界が直面する地球温暖化・エネルギー問題。

「禁伐採」には、大仰に言えばそれらを克服するための、人類の英知の結集ともいえる環境政策に通じるものがある。

画像




わが国が封建社会から平和国家への歴史を歩む中で、大きな役割を果たした長崎。

また、さまざまな受難を乗り越えてきた長崎。

そこに今、かように穏やかかつ先進的な法の精神が息づいている。

社会の成熟の証左と言えるのではなかろうか。

そんな思索に耽りつつ歩くうち、頂上へ到着した。

画像




視界が開けた。

寝太郎も思考の視野を広げてみた。

今、世界はどうか。

長崎の受難の歴史を、再び繰り返そうとしているように思える。

異教徒の弾圧、移民の排除。

保護貿易主義の台頭。

キリシタン弾圧や鎖国令を、「過去の愚かな悪法」と片付けて良いのだろうか。

画像




そして核拡散。

あの悲劇を繰返さないと言えるのだろうか。

画像




「禁伐採」の精神を讃え、それを世界に広めようとしている寝太郎。

ある事実に気がつき、今、ちょっと当惑している。

この眺め…

伐採してない?

画像


長崎市の仕業かは不明だが、眺望確保のため、明らかに伐採されてるぞ。



まぁ、よく考えれば、日本中鎖国してる中、長崎は貿易してたんだった。

そんな超法規的な土地柄だもんなぁ。

「禁という字は、『林』を切って、視界を『示』すのだ!」

とか訳の分からないことを言って、伐採を正当化するだろう。

画像


寝太郎はそんなおおらかさが大好きである。

逆にそのおおらかさが世界の諸問題を解決し、融和に…

いやいや。

もう偉そうなことは書きません。

いい汗かいて旨いビールを飲む!

そんなノリで山に向かうのが無難と悟った寝太郎であった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、寝太郎さん
今回は高尚なレポで、なかなかどうして〜!!
寝ンテスキューも真っ青(Tシャツ)の空と海ですね〜。
「禁」の解釈、おもろでした(^^)v
ポンちゃん
2017/05/11 09:35
ポンちゃん、こんばんは。
青い空と青い海は美しかったです。伐採のおかげで見れる青い眺望を満喫しつつも、伐採に難癖をつける青い寝太郎はかなりご都合主義でした。
三権分立主義など立派な精神をもつ寝ンテスキューには程遠い寝タローであります。
寝太郎
2017/05/11 21:01
あれ?
もう終わったーー。
写真も少なししーー。
まじめにフムフムト読んでいたのに。(^-^)
最後の写真、構図がいいなあと思うのですが、手前の白いお花は何ですか?
たくさん咲いていますね。
最初の写真の右端にもあるみたいで・・・。
やはりいい感じです。(^-^)
けいこたん
2017/05/13 10:16
けいこたん、誠に申し訳ありません。
まじめに読んで頂いて恐縮ですが、ようは「禁伐採」とあるのに、頂上は伐採ってなんでやねんというだけの内容です。歩いた距離も片道900mと小学校の通学路より短いのです。
そして最初と最後の白い花は、琵琶の実の保護袋です。
適当な登山および記事であることを心よりお詫び申し上げます。
寝太郎
2017/05/13 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
八郎岳 2017.5.5 おのぼり寝太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる