おのぼり寝太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 由布岳 2017.4.9

<<   作成日時 : 2017/04/12 00:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10



4月9日、由布岳にやって来た。

語呂的には、縁起が悪そうなお日柄である。

十分に注意して登ろうと思う。

画像
「死」と「苦」に注意!




本日はポンちゃん主催の山行である。

ポンちゃんからの連絡ではヘルメットの着用が推奨されていた。

落石にも十分注意しよう。

画像




また、夜更けまでは雨が降っていた。

路面の状況も悪そうだ。

スリップにも注意しよう。

画像




スリップして、他のメンバーを薙倒してはマズいのである。

画像
スリップ&クラッシュ!?




動物の飛び出しにも注意するぞ。

画像




そんな危険はない気もする。

しかし、用心するに越したことはない。

山にはそんな危険はないとも言い切れないのである。

画像
「跳ね馬」ならぬ「ハネ鹿」




そんな意気込みで、塚原登山口に集合。

そこから佐土原登山口に移動。

7:14、登山口を出発。

画像
7:14はナイスで縁起がいいぞ




最初は林道を進んだ。

そして涸れた沢をわたると本格的な登りが始まった。

由布岳西峰に向かって一直線の登り道であった。

画像




本日のパーティーメンバーは、Y師匠、信ちゃん&俊ちゃん、higetiasさん&mamatiasさん、いーさん、うすきさん、隊長、ポンちゃん、風来坊さん、寝太郎の11名。

ベテラン揃いである。

「手を上げて 横断歩道を 渡りましょう!」

皆さんはそんな感じで、飄々と進むのであった。

しかし、急傾斜な上、踏み跡も薄い難路に、寝太郎はヒーヒー言っていた。

「根を上げて 横断歩道で 倒れそう…」

そんな感じであった。

画像
本コースは由布岳を東西に横断します




ヒーヒー言いながらも、なんとか倒れずに付いて行った。

すると飯盛山へのトラバース路の分岐点についた。

一旦停止である。

疲れたので長〜い赤信号でいい。

なんなら開かずの踏切でもいいぞ。

そう思ったが、赤信号はない。

あるのは緑の森である。

現在地確認を終えたパーティーは小休止のあと、歩行再開するのであった。

画像




分岐から水平なトラバース道に入った。

飯盛山へのルートに入ったのだ。

しばらく進むと飯盛山が見えてきた。

山盛りの飯というより、一方通行の矢印を思わせる鋭鋒である。

進入禁止じゃないのかな?

画像




「幅員狭小」「スリップ注意」だったが、歩行可であった。

10:01、飯盛山到着。

ポンちゃんの推奨があったが、登山用ヘルメットを持ってない寝太郎。

現場用ヘルメットを持参した。

なので、工事現場のお詫び看板ポーズで写真を撮ってもらった。

画像
「ご迷惑をおかけしております」




こんなオフザケが許されたのはここまでだった。

「落石注意」「上り急こう配あり」

そんな登りがこの後 待ち受けていたのであった。

画像




急傾斜な上、煩いヤブで、すぐにへとへとになった。

画像




それでも休まず登るのであった。

画像




そうして西峰の岩場の下まできた。

リアル落石注意看板のようなガケだ。

画像




11:54、由布岳西峰到着。

ここには何度か来ているが、今回が一番疲れたぞ。

画像




お鉢へ下るカーブ付近でお昼。

画像




12:30、一旦停食の後、下山開始。

画像




あとは一般登山道を辿り、塚原登山口に下れば横断完了である。

画像




しかし、油断大敵であった。

遭難は往々にして下山時に起きるのだ。

画像




4月9日だから、十分注意を払っていたのだが…

ド派手なスリップをやらかしてしまった。

画像




滑って、転んで、大分県であった。

幸い木に引っ掛かって止まったので、皆様を巻きこまずにすんだ。

しかし、激しいエビぞり姿勢で、一人では起き上がれなかった。

俊ちゃんに引っ張り上げてもらった。

ご迷惑をおかけしました。

画像
これくらい反りました!




我ながら見事なエビぞりであった。

皆様の眼にもそう映ったようである。

皆様から「ネタバウアー」の称号を授かりました!

画像




14:02、塚原登山口到着。

あ〜、疲れた。

画像




結局、全員がヘルメットのお世話になることなく無事下山した。

「ネタバウアー」の転倒時が、ヘルメットの出番として最も相応しい状況であった。

登山用ヘルメットを買おうかなぁ。

そんなことを考えながら帰途についた。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます、寝太郎さん。
四苦八苦の日だったんですね。ガッテン!
私も十分四苦八苦を堪能いたしました。
しかし、よく色々な写真を撮っているのだと感心します。
ヘルメット、無事に返還出来ました?
昨日、ヨドバシを覗いていたら、防災用のたためる(面白いたたみ方)のが4,500円くらいで売っていました。
風来坊
2017/04/12 04:14
寝太郎さん、こんにちは。
お疲れ様でした。風邪はよくなりましたか?
ヘルメット着用から工事関連の記事ですね^^
いろんなネタをお持ちで〜〜
ネタロウからネタバウアー、笑ってしまいました。
またどんどん楽しい記事をお書きくださいね。
待ってま〜〜す。
豊津の信ちゃん
2017/04/12 12:58
こんにちは、寝太郎さん
由布岳横断、と聞いたときからネタは固まっていたのですね。
ヘルメットもわざと工事用を持参されたのでは?と推察致しました。登山口への移動中、鹿が寝太郎さんの車に掠めるように 後ろを横切って行きました。さすが、鹿に好かれる男!と後ろの車で話していました。
ネタバウワー もヤラセだったら凄いですが〜?
次回のネタも楽しみです。!(^^)!
ポンちゃん
2017/04/12 13:44
ネタバウアーさん、いや寝太郎さん、こんばんは。
先日はお久しぶりでした。
相変わらずネタが豊富ですが今回は一貫して工事ネタでしたね〜。
そうと分かっていたら僕も山ヘルではなく昔の工事用ヘルを持っていけばよかったなぁ(笑)
イナバウアーはご愛嬌、何はともあれ全員ヘルのお世話にならなくて良かったです。
ハネ鹿には笑えませんが・・・。
お疲れ様でした。またよろしくお願いします。
higetias
2017/04/12 18:18
風来坊さん、こんばんは。
当日も四苦八苦、そして翌日はSICKでハクションでした。(前日までに治したつもりの風をぶり返してしまいました。)さすがに休めないので、フラフラしながら仕事しましたが、HELLでした…。
ヘルメット情報有難うございます。ちょっと物色してみます。
寝太郎
2017/04/12 22:10
信ちゃん、こんばんは。
翌日風邪をぶり返し、ブログすら書けない悪体調に落ち、文字通り「寝太郎」になりましたが、ようやく健常体となりました。ご心配頂きありがとうございます。
それにしても由布岳にこのようなコースがあろうとは想像できませんでした。また、ご案内頂ければ幸いです。引続きよろしくお願いいたします。
寝太郎
2017/04/12 22:20
ポンちゃん、こんばんは。
そうなんですよ!
今回もシカが突進してきて肝が凍りました。同乗頂いていた、男の中の男の師匠様も(小さく)悲鳴を上げておられたほどです。全くヤラセじゃなく、ドキュメントです。
ヘルメットもヤラセやネタではなく、自前のものがなく工事ヘルを持参しました。今後も、山中でシカの突進が懸念されるので、やはり山ヘルを物色しようと思います。
寝太郎
2017/04/12 22:31
HIGEさん、こんばんは。
今回は、工事用道路や堰堤部分の歩きも長かったので、工事用ヘルメットが複数いたら、完全に飯場パーティーです。なので、皆さんの山メットのおかげで登山隊の体面が保てたものと感謝しております。
「飯場」と言えば、HIGEさんの絶品鍋の噂を耳にしております。工事用ヘルではなく、料理用テクをご教示頂ければ幸いです!
寝太郎
2017/04/12 22:41
寝太郎さん、お疲れ様でした。
かなり厳しいハードな山行だと、皆さんのブログで知りましたが、寝太郎さんのところでは、楽しく読みました。(^^)
易しい山でさえ、知識、常識の無い私には、標識があっても形式的に見るだけなので、敷物を敷いてもらわないと歩けません。
イナバウアーを反対に折り曲げて、博識の寝太郎さんに深く低頭いたします。
風邪を召されたそうで、お大事になさってくださいね。。
けいこたん
2017/04/13 06:22
けいこたん、こんばんは。
かなり厳しいハードな山行でしたです。
師匠さま、ポンちゃん、俊ちゃん、ヒゲさん、いーさんが先導してくださったのでなんとかなりました。皆様が敷いてくれた敷物を私も歩いた訳です。
しかしハリウッドセレブみたいには歩けず、お笑いレッドカーペット状態でして、ネタバウアーをご披露するハメになりました。
寝太郎
2017/04/13 21:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
由布岳 2017.4.9 おのぼり寝太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる