おのぼり寝太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 忠隈山 2017.1.8

<<   作成日時 : 2017/01/10 23:44   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6



1月7日、脊振山に登った。

そこでブロ友の風来坊さんに偶然出会った。

厚顔無恥な寝太郎は、一宿一飯一献(三献?)をお願いし、その恩義を賜った。

そして酔眠…

画像
イメージ図。




翌1月8日。

風来坊さんから遅れること、なんと3時間後に起床…

厚顔ムチムチダイナマイト炸裂である。

どの面さげて、ご挨拶にあがればいいのだろうか。

「もう死にたい!風雷暴さんに暴行されて死にたい!」

そう思ったが、寝太郎ならぬ寝磊坊を、眠らせてくれている風来坊さんが、暴行などするはずがない。

困った…、暴行してもらえない。

そしてさらに困ったことが発生。

我がボウコウが触れなばオチン地雷状態に陥っている

このままでは爆発し「おもらし寝太郎」になってしまう。

一刻の猶予もない。

おずおずとお手洗いをお借りし起床。

おはようございます……」と、蚊の鳴くような声でご挨拶。

(↑どなたか「おはやくねえっ!」ってツッコんでくれませんか。)



そして、当日の観光ルートを風来坊さんに相談した。

食いしん坊の寝太郎の頭にあったプランはただ一つ。

「呼子のイカ定食」のみ。

すると、「『かわたろう』と『まんぼう』が有名どころです」と教えて下さった。

そして周辺の見所として、「名古屋城址」「唐津の窯元」などを紹介頂いた。

そんな助言まで頂き、寝太郎は風来坊さんのお宅を辞した。

何から何まで有難うございました!



唐津方面へドライブ。

とりあえずイカを食おう。

「かわたろう」と「まんぼう」

どちらにしよう。

待てよ。

「ねたろう」と「ふうらいぼう」

「かわたろう」と「まんぼう」

ダジャレみたいだぞ。

風来坊さん、有名店って言ってたけどダジャレだったかな。

そんな疑いを持ち、スマホで本当かどうか調べてみた。

そしたら、本当にかわたろうとまんぼうがNo.1と2の有名店でした。

風来坊さん、疑ってすみませんでした。



唐津に到着。

結局寝太郎が見たものは…

「虹の松原」

画像




「まんぼう」

画像
風来坊さんが言ってた萬坊とは違うけど




「河太郎」

画像
風来坊さんが言ってたところ。




「七つ釜」

画像




風来坊さんからご教示頂いた名所は文化的で高尚。

結局、見て回ったのは海ばかり。

一方、寝太郎はただの天然人間のようだ。

もう少し、高尚な人間にならねばならん。

そこで、最後に飯塚の忠隈山を訪れた。

画像
突然、玄海灘から筑豊へ移動




全然、文化的じゃなくて、これも天然じゃないか。

という感じだが、そうではない。

忠隈山は日本の近代文化遺産であるボタ山なのだ。

画像
石が真っ黒です。




麓から直登。

かつての瓦礫の山も、いまは樹々に覆われている。

画像




山頂まで10分ほど。

飯塚市街を一望。

良い眺めだった。

画像


自身の趣味趣向について考えさせられた一日だった。

社会科学系というより自然科学系が好きなようだ。

しかし、一番好きなのは体育会系。

虹の松原、七ツ釜とも端から端まで歩いたぞ!

忠隈山も3ピークのうち2ピークを歩いたぞ!

高尚な人間に憧れるが、こんな自分も嫌いではない。

ただ面の皮は薄くしたいと思っていますです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
寝太郎さん、おはようございます。
我が家でぐっすり眠れたとありましたが、気になりました・・・。
家内が帰って来て、「ベッドのシーツ出していないけど・・・ 大丈夫だったろうか・・・」と心配していました。風来坊はベッドに掛けてあったのがシーツとばかり思っていました(詫)
実はかなりアバウトな風来坊です。
お酒も冷蔵庫で冷やすのが楽なので、ペットボトルに詰めて、風情もありませんね(笑)
ボタ山、忠隈山って名前があるとは!? 寝太郎さんも学術的です・・・。勉強になりました。
風来坊
2017/01/11 03:53
あのおー、
マンボウって、マンボウって、こんな風に砂浜に打ち上げられてるんですか?
まさか、寝太郎さんが着ぐるみ?
七ツ釜は海から船で見るものだと思っていましたが、そこを歩いて、虹の松原を端から端まで歩いてーって、凄い体育会系です!
忠隈山も私は知りもしませんでしたが、こうした高尚な寝太郎さんと、冒頭の方とは同一人物?

そして、私も、私もお願いです!
様を外してくださいね。
けいこたん
2017/01/11 20:34
こんばんは
寝太郎さんを国文学の師と崇め奉っております。ははっ〜〜!m(__)m
虹ノ松原のマンボウはCG?なん??見たことないし〜〜
確かに、忠隈にボタ山がありますが、あれに登っていいものか?はたまた名前があるのかさえ知りませんでした。さすがに目の付け所が違いますね。
近くに素晴らしく美味しい焼肉屋さんがあるのですが、寝太郎さんにボーナスがでたらご案内したいと思います。軽くなること間違いなし!!
財布が〜〜〜!爆
ポンちゃん
2017/01/11 20:56
風来坊さん、こんばんは。
シーツの件、気づかずグッスリ酔眠しました。いつもの煎餅が、マシュマロに変わり、「これは少々勝手が違うかも…」とは思いましたが、「が違」くらいの時点で眠りにおちてました。
そして8時間連続睡眠の結果、前夜のビール&清酒が我が汚水タンクに大集結!!と相成った訳です。
またも尾籠な………
やっぱりガキんちょ体育会系な人間です。
高尚な人間を目指すつもりが、勘違いして高橋尚成や高橋尚子を目指してしまう男、それが寝太郎であります。
寝太郎
2017/01/11 21:49
ではお言葉に甘えて、けいこたんこんばんは。
「寝犬郎も歩けばまんぼうに当たる。」
そんな虹の松原でした。本物でしたが、よくあることなのかは不明です。今回、端から端まで歩きましたが「二匹目のまんぼう」には出会いませんでした。
なお、こんなに歩いたのには理由があります。前夜おじゃマンボウした風来坊邸で鍋を食べすぎ、お腹がマンボウになっており、イカのスペースを作る必要があったからです。
歩き始めはそんなに長い砂浜に見えなかったのですが、歩けども歩けども端に着かず、大変な思いをしました。おかげでイカもご飯も2杯食べました。食うために生きるのか、生きるために食うのか?後者が人間のあるべき姿ですが、高尚でない寝太郎は前者であります。
寝太郎
2017/01/11 22:45
ポンちゃん、こんばんは。
酷文ガクッの失笑、寝太郎でございます。
九州の山は個性的だなぁと常々思っていますが、特にボタ山は九州ならではなので、いつか絶対行こうと思っていました。
今回、その機会に恵まれたのは、風来坊さんとポンちゃんのおかげです。誠にありがとうございました。
なお、この山の登頂の可否ですが、多分私有地なので…………でしょう。とりあえず踏み跡はあり、そのルートには「立入禁止」の表示はありませんでしたが…。
この日は飯塚に泊まったので、焼肉で一杯行きたかったですねぇ。「かい」という店で晩酌しましたがなかなか美味かったです。昼は「いか」、夜は「かい」。ダジャレだらけの一日でした。
寝太郎
2017/01/11 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
忠隈山 2017.1.8 おのぼり寝太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる