おのぼり寝太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 脊振山 2017.1.7

<<   作成日時 : 2017/01/10 00:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10



成人の日の連休、脊振山にやって来た。

背(せい)振(じん)と読め、成人の日を祝うに相応しい山なのだ。

というのは、ウソである。

食っちゃ寝×2の正月を過ごした寝太郎。

シックスパックのお腹が真空パック鏡餅と化している。

このままでは成人病になりかねない。

脊振の長い縦走路をがっつり歩き、ポッコリお腹をへこませる計画なのだ。

画像
シックスパックもウソです。
新成人の頃の過去の栄光です…




水無鍾乳洞下の林道脇に車をデポ。

7:11、車谷登山口へ自転車で移動開始。

画像




下りの自転車は楽チンだが、登りはキツい。

山仲間がいれば、こんな苦労は不要だ。

しかし、異郷で成人式を迎える新成人のように孤独な寝太郎。

山仲間と車2台作戦は使えない。

自転車で移動するしかないのだ。

ボヤキながら自転車をこいだ。

「『飛び立て、新成人!』、でもオレは、『立ちこぎ、しんでいじん!』」

画像
『立ちこぎ、しんどいじゃん!』とボヤいてます




8:14、椎葉バス停到着。

チャリンコをデポし歩行開始。

「『祝!はたち!』、オレは『縮!はらまわり!』」

そうボヤキつつ歩きだした。

画像




国民の祝日の成人の日(の連休)なのに、孤独な車道歩き。

おい、国民よ。

オレも成人だぞ!


成人歴28年の大ベテランの成人なのだ。

祝ってくれとは言わないが…

何か僥倖があってもいいじゃないか!

そんな的外れなボヤキを連発しながら進んだ。

画像




しかしである。

ボヤいてみるものである。

登山口で僥倖が訪れた。

寝太郎の数少ない山仲間に偶然出会ったのだ。

「風来坊さん?」

「えっ、寝太郎さん?!」

「うおぉ!まじっすかぁ!」


昨年の峰入りパーティ等でご一緒した風来坊さんが登山口にいた。

引越してしまった初恋のヒトに、異郷の成人式で再会する程の偶然だ。

大興奮した。

画像
8:48、船越橋登山口出発。




脊振山は初めての寝太郎。

新生児ほどの知識も無い。

一方、脊振山の真・名人である風来坊さん。

同行をお願いしない手はない。

聞いてみると、なんと風来坊さんも途中まで同じコースとのこと。

連れて行ってもらえることになった。

コングラッチュレーション、寝太郎!

画像
9:19、林道横断。




幸せだなぁ

ボクは風来坊さんといる時が一番 安全 幸せなんだ

もうキミを離さないぞ

いいだろう

バカ大将となった寝太郎。

コバンザメのごとく風来坊さんに縋って行くことに決めた。

画像




初恋のヒトと偶然の再会をした気分の寝太郎。

再会までのいろんなことを話した。

風来坊さんもまんざらでもない感じである。

二人は途切れることなく言葉を交わしながら、谷間のペイブメントを進んだ。

画像


最初は山や花や共通の知人の話題。

しかしである。

運命の再会気分の寝太郎。

そんなおざなりの会話では満足できない。

思い切ってキスの話を聞いてみた

するとまんざらでもない感じの風来坊さん。

キスの話で超盛り上がってしまいました!

(風来坊さんの名誉のための補足。
風来坊さんは、ふうらいぼう&たいこうぼう。
糸島のキス釣りについてご教授頂いたのです。)



10:01、矢筈峠到着。

ここから脊振山頂まで、舗装路や木道などが続くらしい。

「木道は濡れると滑りますよ…」

と、意味深な 親切な助言を下さる風来坊さん。

「濡れてスベって昇天するかも…」とあらぬ妄想を膨らますバカ大将の寝太郎。

幸い木道は乾いていました。

めでたし、めでたし。

画像




と言う訳で、二人は道をはずすことなく頂点に向かったのであった。

画像


風来坊さん、すみません

_(._.)_

木道の代わりに筆が滑ってしまいました。



実は風来坊さんは「大菩薩」と尊称される真・聖人でいらっしゃいます。

ここから風来坊大菩薩さまは聖人ぶりを遺憾なく発揮されるのです。



まず、風来坊大菩薩さまは、寝太郎に阿蘇を指して仰っいました。

「ここから阿蘇が見えることはあまりないですよ。」

遥か彼方からも、観音様の寝姿をしかと見届けられる風来坊さん。

さすが聖人さまである。

画像
但し写真は福岡市街方面。




「これが脊振山頂神社です。十円と五円で祈って下さい。」

寝太郎が最近婚活に励んでいることをご存知の風来坊さん。

「十分なご縁」に因んだ額のお賽銭を下さった。

この施し、神・聖人である。

一方、他人の褌で相撲しても、なにも気にしんせいじんの寝太郎

風来坊さんのお賽銭で、婚活成就をがっつり祈願しました!

画像
自衛隊レーダーをバックに記念撮影




さて、ここから脊振縦走路の西進が始まる。

風来坊大菩薩さまは、猟師岩山までご一緒下さるとのこと。

疾きこと風来坊のごとく西進開始!

画像




11:25、唐人の舞。

風来坊将軍のおかげで、安心してドンドン進める。

道迷いを恐れる必要がない。

安心なること信玄公の本陣のごとし。

気分は信玄陣

……………

新成人ダジャレが無くなってきたので、記事もドンドン進めます。

画像
寝太郎は風来坊将軍とお呼びしてます。




11:53、椎原峠〜!

画像




12:19、鬼ヶ鼻岩〜!

画像




そして猟師岩山到着。

飯を食い終わったら、ここでお別れになる。

が、まだご一緒頂きたい気持ちがやまやまである。

別れがたきこと山のごとしなのだ。

そこで、寝太郎は「今晩お家に泊めて下さい。」とお願いした。

侵掠すること火のごとく熱々のあつかましい申請じんだ。

画像


すると寛大なること林のごとし

いや、小一茶のごとし。

我と来て 呑めやお宿の ない寝太郎

そんな感じで「どうぞどうぞ」と仰って下さった。

ありがたや〜、神聖人の風来坊大菩薩さま〜。

合掌しようかと思ったが、それはやめておいた。

手足をすることハエのごとしになってしまうからだ。

「ありがとうございます。下山したら連絡します。」

そうお伝えして一旦お別れした。



13:03、猟師岩山出発。

そうと決まれば善は急げ。

車に向かって小走りに進んだ。

小躍りしながら撮影したのでブレブレ。

画像
やどとれた ハエが手をする 足をする
そのココロは、たかる たかる!




13:53、金山通過〜!

画像




14:29、城山通過〜!

画像




14:50、三瀬峠通過〜!

画像
この先登山道工事中。少し迂回。




最後に井原山に登れば、車をデポした水無鍾乳洞に下るだけだ。

「でも、結構遠いなぁ。」

林の向こうに井原山を遠望しつつ最後の登り道を進んだ。

画像




15:43、新村分岐到着。

寝太郎の地図にはない道だが、ここから水無鍾乳洞へ直接くだれるようだ。

井原山にのぼらなくてすむぞ。

ラッキー!

画像




雨が降り出した。

しかし、この谷を下れば車に着く。

赤テープを辿り進んだ。

画像




16:34、水無鍾乳洞下の駐車地点到着〜

画像


車に飛び込み、スマホを確認。

先に下山された風来坊さんからSMSが入っていた。

暖かい風呂と鍋をご用意くださっているとの由。

ありがたや〜

濡れ鼠になった寝太郎は、凍える手を合掌してさすりながら感謝を捧げた。

そして一句。

なべ・ふろだ! 鼠が手をする 足をする



18時頃、風来坊さま宅にお邪魔むし。

すぐに風呂を頂き、ほっかほか

次に鍋を頂き、ぽっかぽか

そして成人の特権たる飲酒タイムに突入

鍋と登山マップを肴に、楽しいお酒を頂きました!

そして、あったかいお布団で就寝。

(婚活中の寝太郎の夢、「フロ、メシ、ネル」が実現!。当たり前だが、この後成人映画のような展開は無し。)



風来坊様。

誠に真に実に、有難うございました!

 

しかし…

結局この後成人の日まで3日連続で風来坊さまにお世話になるコバンザメ寝太郎なのであった。

という訳で、続く!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます、寝太郎さん。
先ずは一番乗りでコメントをと待ち構えていましたが、寝てしまいました(笑)
7日からの三連休、まさか寝太郎さんと出会うとは思いもしませんでした。
でも、一人で過ごす予定でしたので、楽しく過ごせました。
また、ご一緒しましょう!
大分に泊る際にはよろしくお願いします(笑)
風来坊
2017/01/10 06:49
こんにちは、寝太郎さん
まさか福岡においでとはつゆ知らず、びっくりポンでした。
それにしても井原山まで歩こうとするその足にはモーターが仕込まれていてリュックにはバッテリーか何か積まれているのではないでしょうか?
次回おいでの時は連絡くださいね!
ポンちゃん
2017/01/10 14:20
ウッワー!うわ、うわっ!
すっごーい!面白い!!
風来坊さんのブログを拝見して、寝太郎さんのブログアップを待っていました。
凄いですねー、面白いですねー、こんなことがあるのですねーー!!
風来坊さんや寝太郎さんについて歩く力はありませんが、お泊りだけなら是非我が家へもお越しくださいませ。民宿の女将、やります!
けいこたん
2017/01/10 15:53
民宿のオヤジやります!
じゅんパくん
2017/01/10 18:30
風来坊様。この度は有難うございました。とても楽しかったです。
是非またご一緒させて下さい。またお邪魔するのはイカに図々しい寝太郎とはいえ気が引けますので、是非、来分下さい。せまい部屋ですが、キスのごちそうなどは決して致しません。フグチリを一緒につつきたいですね。
とにかくこの度は有難うございました。重ねて御礼申し上げます。
寝太郎
2017/01/10 21:21
ポンちゃん、こんばんは。
峰入りの時やブログコメントで、「脊振縦走は手伝いますよ」とお声掛けいただいていたのに、こっそりホームグラウンドに侵入するご無礼、心苦しく思っております。(何せ前夜に山選びしたもので…)
今回中途半端に終わったので、次はお声掛けというか、お手伝いをお願いするんじゃないかと思いますので、何卒宜しくお願いいたします。
寝太郎
2017/01/10 21:27
けいこたん様、こんばんは。
楽しんで頂いたようですが、この日くしゃみが沢山出ませんでしたか?「けいこたんの散歩コースはどこですか」とかいろいろ話題にさせていただきました。
けいこたん様ご一行と偶然の出会いがあるとすれば九重の可能性が高いと睨んでいます。長者原や牧ノ戸峠にドアがボコボコのフォレスターが止まっていたら寝太郎との衝突に注意してくださいね。
寝太郎
2017/01/10 21:43
じゅんパくん、こんばんは。
名前が若くなってますね。オヤジじゃなくてオーナーですね!
次の記事で、風来坊家でのわが傍若無人ぶりを読んだら、寝太郎は「ペンションやまのぼ」に出入禁止になるでしょう。なのでペンションオーナーには就任なさらぬよう進言いたします。
「割烹旅館風来坊」にお客として訪問されることをお勧めします。(美味いお酒が、無造作にPETボトルに詰められていたりするのです!)
寝太郎
2017/01/10 21:51
寝太郎さん、こんにちは。
先日は電話での乱入、お許しくださいませ。
まさか、まさか〜の出会いですよね。
大分在住の方が、福岡の背振の山でバッタリなんて、何か仕組んでいませんでしたか?(笑)
さて今度はどこでお会いできるか、とっても楽しみになりました。
豊津の信ちゃん
2017/01/11 13:36
信ちゃん様、こんばんは。
ご乱入楽しかったです。風来坊さんの電話が鳴った時は、「風来坊夫人からのお休みラブコールかな?」と想像し、「ちゃんとご挨拶せねば!」と襟を正しましたが、信ちゃん様と分かり酔いが戻りました。酒の勢いで無礼なことを申し上げませんでしたでしょうか。
信ちゃん様とランデブーしたいところですが、花の旬(俊?)を捉えた魅力的なプランをいつも真似させ頂いているレベルですので、足跡を辿ることに終始しそうです。
同じコースを偶然同時に計画できるよう精進致します!
寝太郎
2017/01/11 21:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
脊振山 2017.1.7 おのぼり寝太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる