おのぼり寝太郎

アクセスカウンタ

zoom RSS 根子岳 2016.11.3

<<   作成日時 : 2016/11/04 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6



根子岳へやって来た。

画像




信州の根子岳ではない。

画像




阿蘇の根子岳である。

画像
阿蘇高岳




信州の根子岳の近くには四阿山がある。

どちらも「あ」で始まる百名山が近くにある訳だ。

それに「く」で始まる百名山(久住山、草津白根山)が双方の北側にある。

よく似た山なのである。

画像
四阿山




10:30、大戸尾根登山口出発。

牧場の中を進んだ。

画像




そういえば、信州のネコも麓は牧場だ。

よく似ているぞ。

画像




根子岳と根子岳には何か繋がりがあるのだろうか?

なんて考えつつも、滑りやすい道に注意しながら進んだ。

画像




そういえば、信州のネコでも良く滑り、良くコケた。

実に似ている。

江戸屋ネコ八の形態模写くらいよく似ている。

画像
根子岳は寝太郎の山スキーデビューの山。




11:41、根子岳東峰到着。

阿蘇のカルデラと外輪山の眺めが良かった。

画像




そういえば、信州のネコの頂上もお鉢の眺めが良かった。

ソックリじゃないか。

画像
クリソツ。ネコが大好きなのはクリスピー




しかし、ここから先は似て非なる山である。

じゃーん!

天狗岩!

こんな岩峰は信州ネコにはない。

阿蘇根子岳ならではだ。

という訳で、ここからは阿蘇根子岳一本で行きます。

画像




寝太郎はこれまで天狗岩に2回挑戦している。

そして2回とも敗退した。

しかし今回はチャンスがある。

本年4月の熊本地震で天狗岩の形状が変化したのだ。

画像
白みがかった部分が崩落




うまい具合にホールドができているかもしれない。

天国への階段ができてたりして!

そんな期待を抱き、稜線を進んだ。

画像




がっ…

期待は裏切られた。

天狗岩への道が途中で崩れていた。

天国への階段はできてなかった。

天神様の極細道ができていた。

画像
「どうぞ通してくだしゃんせ」なんて言えません!




崖下を見下ろすと剥がれた岩が中腹まで崩落している。

スコティッシュフォールドしたら、マンチカン、ペルシャ!

恐怖のあまり、意味不明なつぶやきが漏れた。

(「スコッと転倒しフォールしたら、間違いなくHELLじゃ!」と申しております。)

画像




という訳で、前の前の写真の地点で撤退。

猫の額どころか、猫の瞳くらい細くとがった道でした。

画像
矢印が撤退地点




猫の目のようにコロコロ変心し撤退!

画像




阿蘇の根子岳の最高地点は天狗岩だ。

なので、絶対に征したかった。

でも、絶対に無理である。

画像
大戸尾根下山。




今後、地震や噴火でさらに形状が変わらないと無理だ。

しかし崩れれば崩れるほど、脆く険しくなるだろうなぁ。

画像
14:00、下山




もぉ〜 無理だ。

もぉ〜 無理だ。

もぉ〜 無理だ。

画像
駐車場脇の牛の群れ




天狗岩はあきらめた。

寝太郎には根子岳に命を懸けるほどの根性がない。

それに根子岳は、お釈迦様の鼻の頭である。

お釈迦様のご尊顔の上を歩き回るのは罰当たりであろう。

もう天狗岩にはアタックするまい。

帰りがけに大観峰に寄り、そんな誓いを立てた寝太郎であった。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます、寝太郎さん。
アップ、早いですね。
ほぼその日のうちに掲載されるとは!! 
早わざ太郎の名が相応しい気がします。
根子岳、確かに信州にもありました。
でも、そこから展開するストーリーは寝太郎さんならではの凄わざですね。
天狗岩付近の様子も分かり、参考になりました。
風来坊
2016/11/04 04:51
風来坊様、こんばんは。
前日に根子岳の紅葉状況をネットで調べたら、阿蘇と信州の情報が入り乱れて表示されました。なので今回のネタは登る前から比較ネコ論に決まっており、早アップとなった次第です。
書き終わった瞬間に就寝したので、やはり私は寝太郎です。
常にアップが早い貴兄こそ疾風のように現れて疾風のように去っていく速攻仮面の風来坊様であります。
寝太郎
2016/11/04 23:01
信州にも根子岳があるなんて!
知りもしないので、想像力を駆使して写真を眺めました。(^^)
眺めているとー。
崩れ落ちている阿蘇根子岳。
正真正銘今の根子岳な姿ですね。
びっくりというかー。
岩峰だから崩れても岩自身は痛くないのでしょうが、なんか無惨な姿ですね。
そこを果敢に登りに行く山男!
流石に寝太郎さんです。
でも!危ない!
危ないことはされないと分かっていても、危ないって言いそうでした。(≧∇≦)
お疲れ様でした。
ハラハラして楽しかったです。(^^)
けいこたん
2016/11/05 01:07
こんばんは、寝太郎さん
天狗岩の崩落は、ふもとから見ても白くなっていてそれとわかりましたが、間近からの写真は、やはり凄いですね。
天狗のコルのすぐ上にあった岩が無くなっているようですね。これでは天狗のコルまでも行けなくなっていることでしょう。崩れる前に見晴らし新道とか歩いておけばよかったなあ!と思います。
それにしても、此処も紅葉は今一つといった感じですね。そろそろ雪が待ち遠しくなってきたのではありませんか?
ポンちゃん
2016/11/05 21:23
けいこたん様、こんばんは。
冷静と情熱のあいだでいうと、普段は冷静側の末席で眠ってる寝太郎です。しかし、根子岳東峰に来ると情熱大陸の開拓者に変身し ”Go West!”になってしまいます。
おそらく東峰にはテング熱ウィルスが蔓延しており、高熱を発してしまうのだと思います。おそろしや。
今思い返すと、最先端部にいた時に地震・噴火がおきたら死あるのみです。ニックネームを冷泉静平(れいぜいしずひら)に変更しようか思案中です。(ウソ)
寝太郎
2016/11/05 21:23
ポンちゃん様、こんばんは。
貴兄の記事で天狗岩の崩落を知り、「ひょっとしたら、うまい具合にホールドが!?」と思ってたのですが、ご指摘の通り天狗のコルの前の鞍部が限界でした。
また、ご指摘のとおり紅葉もイマイチでした。
亀裂だらけの白い岩は奇観でしたが、同じ白ならやはり雪がいいですね。
寝太郎
2016/11/05 21:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
根子岳 2016.11.3 おのぼり寝太郎/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる